2010年01月10日

浜名湖ガーデンパークwithビートルズ

浜名湖は静岡県の西、浜松市の隣にある大きな湖です。

迷盤と旅」半年振りです(笑)。

5〜6年前だったかな?ここで浜名湖花博という大きなイベントがありました。

当時は多くの人で賑わいました。

その大規模な花博でしたが、今は無料で開放され、

浜名湖ガーデンパークという名で、浜松市民の憩いの場所となっているようです。

そんな浜名湖ガーデンパークに持って行った「迷盤」は

いや!「名盤」ですねこれは!

ビートルズの「アビーロード」でした。



いまさら説明は不要ですが・・

この頃はすでにビートルズはグループとして破綻していたと聞きます。

メンバー間の関係も最悪な状態だったらしいですね。(顔を見るのも嫌!)

しかしレコーディング機材の発達もあり8トラック・テープを使用。

メンバーが揃わなくても録音は可能だった訳ですね。

でもそんなバラバラの状態でも作品は素晴らしい完成度を誇っています。

とくにジョージの才能が開花して、全体のレベルを上げています。

素晴らしい楽曲が目白押しですが・・その中の隠れ名曲

You Never Give Me Your Money」が好きです。



写真はこちらでどうぞ!
   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2010/01/with.html

浜名湖ガーデンパーク

浜名湖ガーデンパーク

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
posted by トミヤン at 21:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

花沢の里withアージェント

花沢の里は静岡県焼津市、東名高速道路日本坂トンネルの
焼津側入り口の手前、高速道路の下をくぐり山側に少し奥に
入ったところにある昔ながらの集落です。

この辺は昔から東海道として重要なルートでしたが、ひとくちに東海道と言っても、
その時代により微妙にルートは異なっていたようで、
花沢の里は平安・奈良時代あたりのルートのようです。

私の住んでいる家から、すぐ近くなのですが訪れるのは今回が初めてです。

そんな花沢の里に持って行ったCDはブリティッシュ・ロックの中堅グループ
アージェント(ARGENT)です。

  

73年「イン・ディープ」       74年「連鎖(ネクサス)

アージェントはゾンビーズのロッド・アージェントが結成したバンドです。

ゾンビーズ時代のポップな楽曲を期待して聴くとガッカリしますが、
いかにもブリティッシュな、今では懐古的なサウンドを聴かせてくれます

アージェントにはラス・バラードという野暮ったい浜田省吾みたいなシンガーがいますが、
彼のユル〜イR&Rとロッド・アージェントのプログレっぽい縦横無尽のキーボード・プレイの
変な感じのせめぎ合いとなって、一体もって何なの〜っていう感じです(笑)。

でもB級グルメの好きなトミヤンにとっては、なかなか興味深いバンドですね!
(目指しているものが、よく解からない、日本でもイギリスでもジャンル分けに困ったと思います。)

それでは、あのKISSがカヴァーした
God Gava Rock And Roll To You」です。
日本でもロックやる人は昔はみんなあんな格好だったな〜、
トミヤンも肩まで髪を伸ばしていましたよ(笑)。
(今では伸ばしたくても不可能になってしまいました・・もうやだ〜(悲しい顔)



記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
    ↓   ↓   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/06/with.html

花沢の里

花沢の里

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

ザ・ゾンビーズ「二人のシーズン」
posted by トミヤン at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

遠州森町with Steve Hackett

森町は静岡県西部の遠州と呼ばれる地域にある、

今では珍しくなった町(合併で町と呼ばれる場所がなくなりました。)

あの清水次郎長で有名な森の石松の出生の町でもあり

ギャンブル好きにはたまらない石松の墓石もあります。

そんな森町に持って行ったCDはブリティッシュ愛ではお馴染みの

スティーヴ・ハケット(Steve Hackett)元ジェネシスのギタリスト。

WHDエンタテインメント スティーヴ・ハケット/ティル・ウイ・ハヴ・フェイセス(紙ジャケット...


84年のブラジル録音、ラテン・パーカッションを大導入。

しかーし悲しいくらい開放感はない!

一体、なんの為のブラジル録音なのか、唯一無比のスティーヴ・ワールドがためらいもなく広がっています。

この作品はマニアしか買わないまさに「迷盤」です。

動画を探しましたが、さすが「迷盤」!ありません(笑)

とりあえず英国的な「Blood on the rooftops」をどうぞ!
(ドラムの人を観たら「24」のジャック・バウワーを思いだしてしまいました、レンタルで借りてこなくっちゃ!わーい(嬉しい顔)



記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
    ↓   ↓   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/05/with-steve-hackett.html

遠州 森町

スティーヴ・ハケット

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
posted by トミヤン at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

熊の里withPFM

静岡県浜松市の山の中、愛知県の奥三河との境目あたりに

」(くんま)という場所があります。

その名前が気になり、とにもかくも行ってきました。

GWの最中ですが、熊の里は静まりかえって、
まるで時間が止まっているかのようでした。

そして小さな旅のお供はイタリアのバンド「PFM」です。

高度な音楽性とテクニックでプログレ・ファンには絶大な人気があります。

幻想物語

73年にELPのマンティコアから世界デビューする以前、72年のデビュー盤。
メロトロンやドラムの音などクリムゾンの影響をもろに受けた曲調が興味深い。
後の代表曲「セレブレイション」の原曲(2)など、PFMが本当にやりたかったことがわかる貴重な一枚。

それでは、その中の「9月の情景」をどうぞ!



記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
    ↓   ↓   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/05/withpfm.html

浜松市 熊

PFM 熊

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
タグ:pfm
posted by トミヤン at 06:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

西伊豆にプライベート・ビーチを探せ!withアラン・パーソンズ

今年の夏は海水浴に行きたい!

もうたしか10年は行ってないかもしれない。

しかし人ごみの大嫌いなトミヤンですから、

混雑するような海岸は行きたくありません。

そこで今回は調査の為のドライヴとなりました。

BGMはアラン・パーソンズ・プロジェクト改めアラン・パーソンズです。


★アラン・パーソンズ関連★

アラン・パーソンズ/オン・エア

97年の「オン・エア」は何故か廃盤の状態みたいです。

前作から作曲や音楽面、ヴォーカルの担当でもある
相棒のエリック・フルフソンが離脱したため

ヴォーカル及び作曲もすべて外注で製作されています。
(今回は元パイロットイアン・ベーアンソン(Gt)が作曲を担当しています。)

10ccのエリック・スチュワートそしてなんとグラミー賞歌手の
クリストファー・クロスなど豪華なゲストを迎えています。

しかし誰が歌おうが、作曲しようが、全体的には
やはりアラン・パーソン流が貫かれていて、素晴らしい出来の作品です。

それでは6曲目の印象的なバラード「Brother up in Heaven」を聴いてください。



記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
    ↓   ↓   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/04/blog-post.html

西伊豆

西伊豆

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
posted by トミヤン at 07:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

故郷の桜withA.P.P

今回の「迷盤と旅」はトミヤンの故郷。

静岡県牧の原市(旧榛原町)勝間田川沿いです。
ここには中学生まで住んでいました。

子供の頃の思い出が詰まった場所でもあり
桜の咲くこの時期必ず訪れます。

あいにく天気は悪かったのですが桜は満開でした。

そんな故郷に持っていったのは大好きなA.P.P(アラン・パーソンズ・プロジェクト


【送料無料選択可!】イヴの肖像 [SHM-CD] [初回限定生産] / アラン・パーソンズ・プロジェクト
アラン・パーソンズ・プロジェクトの通作4作目。一段とポップなサウンドを打ち出した転機作。音楽性の高さもそのままに、アラン独自のポップスを作り出した一枚。(1979年作品) 紙ジャケット仕様、本人監修最新リマスタリング、SHM-CD。

それではその中の「Winding Me Up」をどうぞ!



記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
    ↓   ↓   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/04/whitapp.html

勝間田川

勝間田川の桜

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ


posted by トミヤン at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

西伊豆の戸田港withラリー・カールトン

「迷盤と旅」今回は西伊豆です。

西伊豆の小さな入り江にある戸田港に行って来ました。

西伊豆は静岡からは近いのですが、アクセスは悪いです。

海岸沿いも山から峠を越えるルートも、どちらも難所です。

そんな戸田村の戸田港に持って行ったCDはラリー・カールトン

ラリー・カールトンは日本でも人気の高いギタリスト。

スティーリー・ダンクルセイダースでの数々の名演が有名ですが

82年の「夢飛行」は肩の力が抜けた、リラックスできる作品。

派手なギター・プレイはありませんが、長く聴ける作品です。



それでは「夢飛行」をどうぞ!
          ↓
http://www.youtube.com/watch?v=MgsNa5jgu38

詳しい記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
   ↓   ↓   ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/04/with.html

IMG_1081.JPG

IMG_1124.JPG


ラリー・カールトン もっと観る。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

posted by トミヤン at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

伊豆 松崎町にアビーロードを見た!

松崎町は伊豆の南西部の海岸沿いの町。

史跡も多く、長八美術館やなまこ壁が有名です。

映画のロケも多く「世界の中心で愛をさけぶ」や「つぐみ」(牧瀬理穂)などなど・・

先日、友人たちと西伊豆の土肥温泉に泊まって来ましたので、
すこし足をのばしてて行って来ました。

本当の記事タイトルは
松崎町withスティーヴ・ウィンウッド」ですが、アビーロードを見てしまいました(笑)。

とにもかくも今回の「迷盤」は
スティーヴ・ウィンウッドの「アーク・オブ・ア・ダイバー」です。


天才少年としてデヴューし、エリック・クラプトン等とブラインド・フェイスを結成。

トラフィック解散後の80年のセカンド・アルバム。
すべて1人で録音、少しチープな打ち込みサウンドが時代を感じさせます。



それでは、詳しい記事と写真は>「迷盤と旅」別館へどうぞ!
      ↓   ↓    ↓  
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/03/blog-post.html

松崎町

松崎町

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

スティーヴ・ウィンウッド「スロウダウン・サンダウン」
posted by トミヤン at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

JR東海「由比駅」周辺with10cc

由比町(ゆいちょう)は、静岡県の中部、庵原郡に位置する町です。

ちょうど駿河湾の真ん中ですね。

東海道の親不知」と呼ばれる断崖と海に挟まれて集落が密集しています。

この狭い場所に、東名高速道路、国道1号線、東海道本線に新幹線と
交通の大動脈が貫いていて、東海道の要ともいえる場所でもあります。

また天気の良い日には駿河湾に浮かぶ伊豆半島や富士山が見える
絶景の観光スッポトです。

そんな由比町に持って行った「迷盤」は10cc

10cc/愛ゆえに+3(紙ジャケット仕様)


10ccは「アイム・ノット・イン・ラヴ」のヒット曲で知られています。

ビートルズゆずりのハイセンスなポップ性と先鋭的な実験性を兼ね備えたバンドでしたが

75年に分裂するも、残った2人エリックとグールドマンで
76年に「愛ゆえに」を発表。

2人になっても、音楽的には決して5ccにはならず
相変わらずのポップなメロディー満載のアルバムです。

それではその中の10ccお得意の必殺バラード「恋人たちのこと」を聴いてみてください。
  ↓ ↓ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=OKehgb5ISt8

由比町 桜エビ通り

由比町

詳しい記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
       ↓ ↓ ↓
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/03/jrwith10.html

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

10cc このひねくれ具合がたまりません!

posted by トミヤン at 06:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

日坂宿 夜泣き石伝説withELO

日坂宿(にっさか)は現在の静岡県掛川市の小夜の中山の西麗にある

とても小さな宿場跡で、旧国道1号線のかたわらにひっそりと佇んでいます。

しかし現在はバイパスができ、こちらを通る車はめっきりと減り、忘れ去られた感があります。

また東海道の三大難所といわれた小夜の中山峠には「夜泣き石」という石があり
いくつかの伝説が残されている謎の石なのであります。

そんな日坂宿と小夜の中山に持っていった今回の「迷盤」は

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の77年の作品。
アウト・オブ・ザ・ブルー


当時LP2枚組でしたが、超ポップで一機に楽々聴けちゃいました。

ビートルズ・ライクなメロディーが満載で、すごく良いです。

その中のトミヤンの好きな曲「ミスター・ブルー・スカイ」を聴いてください!



詳しい記事と写真は「迷盤と旅」別館へぜひどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/02/withelo.html

小夜の中山

日坂宿

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

ELO ジェフ・リンは泳げたいやきくんだった!
posted by トミヤン at 08:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

滅びゆく浜岡砂丘withパイロット

浜岡砂丘は御前崎市の旧浜岡町にある小規模な砂丘。

以前は町の観光地としてそこそこ賑わっていましたが
現在は砂丘も変わりはて、さびれてしまいました。

そんな浜岡砂丘に持っていった「迷盤」は
トミヤンが最も愛するバンド「パイロット」のこれ!

パイロット/新たなる離陸(トゥーズ・ア・クラウド)(生産限定盤/SHM-CD)


長い間、ファンの間でCD化が待ち望まれ、ようやく!ようやく
CDで発売されました。

77年の作品で、パイロットはすでにデヴィッド・ペイトンイアン・ベアンソン
二人になっていますが、アラン・パーソンの元で美しくもポップな
これぞブリティッシュ・ポップのお手本のような曲を連発しています。

残念ながら名盤と言われながらも最終作となってしまいました。

それでは「Get Up and Go」をどうぞ!



なお写真を楽しみたい方は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/02/with_12.html

浜岡砂丘.JPG

浜岡砂丘.JPG

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

パイロット 愛すべきブリティッシュ・ポップ・バンド


posted by トミヤン at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

水窪町商店街withホリーズ

水窪町(みさくぼ)は静岡県と長野県の県境にある山深い町。

天竜川の支流水窪川沿いの盆地地帯に町があり、人口は3000人くらい。

高齢化も進んでいて、実際に行くまではすごく寂しい場所を想像していたのですが、
意外にも町は活気があるようでした。

古いながら商店街もあり近隣の村々から人が集まるみたいです。

そんな水窪町に持って行った今回の「迷盤」は

ホリーズ/バタフライ・プラス(紙ジャケット仕様)


67年のサイケデリック・ムーヴメント真っ盛りの中の作品。
独自のポップ・センスと美しいオーケストレーションが織り成す世界は
大変に魅惑的な感動に満ちています。

それでは詳しい記事は「名盤と旅」別館でどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/02/with.html

水窪町商店街

水窪町

なおホリーズについてはこちらを参照にしてください。

ホリーズ ビートルズに一番近かったバンド?

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

posted by トミヤン at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

佐久間町part2withスティーヴ・ハケット

「迷盤」と旅

前回に続き佐久間町の後半です。

今回もJR飯田線に沿いながら静かな山間の町を歩いてきました。

その佐久間町part2に持っていった「迷盤」はスティーヴ・ハケット
ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト」です。


75年作品。
ピ−ター・ガブリエルが脱退し、危機に瀕したジェネシスの中で
先陣を切って発表した初ソロ・アルバム。

フィル・コリンズマイク・ラザーフォードなどジェネシスのメンバーが参加。
ジェネシスよりジェネシスらしい中世英国の香りが濃厚なプログレ然とした傑作。

詳しい記事は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/part2with.html

佐久間町

飯田線無人駅

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

まだ髪の毛があった頃のピーター・ガブリエル・・



posted by トミヤン at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

佐久間町withアンソニー・フィリップス

佐久間町(さくま)は静岡県遠州の最北端の山の中の町。
現在は浜松市に編入されました。

この町には中部電力佐久間ダムがありますが、主たる産業は林業かと思われます。

本当に山深いところで、町並みも古く穏やかな感じで、
時間の流れもゆっくりと進んでいるように感じられました。

そんな佐久間町に持って行った、今回の「迷盤」は
英国プログレ・バンド「ジェネシス」の初代ギタリスト
アンソニー・フィリップスの「The geese and the ghost」です。

アンソニー・フィリップス/ギース・アンド・ザ・ゴースト(紙ジャケット仕様)


77年の初ソロ・アルバム。
初期のジェネシスを思わせる叙情的かつ牧歌的なサウンドに
まるでガラス細工のごとく繊細な音作りには脱帽します。

フィル・コリンズをはじめジェネシスのメンバーも応援しています。

それでは詳しい記事と写真は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/with_19.html

佐久間町

佐久間2


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

怪奇・中世英国そしてジェネシス

蓬莱橋with Larsen Feiten Band




posted by トミヤン at 07:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

湯谷温泉駅周辺withコリン・ブランストーン

  「迷盤と旅」

湯谷温泉は愛知県新城市のJR飯田線湯谷温泉駅を降りた
すぐ側の静かな川沿いの温泉街です。

日本名湯百選にもはいっていますが、オフシーズンなのか
非常に静かで、あまり人も見かけませんでした。

そんな湯谷温泉に持って行った「迷盤」はこれ!

一年間


ゾンビーズ解散後の71年の初ソロ・アルバム。
盟友ロッド・アージェント、クリス・ホワイトが協力。

繊細かつ美しいストリングスのアレンジに
これまた繊細かつ切ないコリンのヴォーカルが冴え渡る傑作。

それでは詳しい記事は「迷盤と旅」別館の方へどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/with_17.html

湯谷温泉駅

湯谷温泉


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

コリン・ブランストーンの「1年間」については白猫目さんの
記事に詳しく書かれていますので、ぜひ参考にしてください!
http://blogs.yahoo.co.jp/oidon11jp/6799902.html

足助町withゾンビーズ




posted by トミヤン at 06:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

金谷駅周辺withアラン・パーソンズ・プロジェクト

今回の「迷盤と旅」は

静岡県金谷町(かなや)の大井川鉄道金谷駅から次の新金谷駅までの
数キロを歩きながら散策してみました。

金谷町はお茶所で牧の原の大茶園などが観光スポットなのでしょうが
そこは避けて、何もないさびれた街中をぶらぶらと歩きました。

今回持っていった「迷盤」はアラン・パーソンズ・プロジェクトです。
ヴァルチャー・カルチャー(初回生産限定)


85年の作品
アラン・パーソン流ポップス路線をさらに推し進めた内容。
David Paton(Vo,Bs)Ian Bairnson(Gtr)Stuart Ellott(Dr)の
パイロットのメンバーがそっくりバックを固めています。

それでは詳しい記事は「迷盤と旅」別館へどうぞ!
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/with_12.html

IMG_0617.JPG

IMG_0639.JPG

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

「迷盤と旅」無人駅に郷愁を感じる

アラン・パーソンズ・プロジェクト怪奇・SF・古代文明



posted by トミヤン at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

足助町withゾンビーズ

「迷盤と旅」

今回は愛知県豊田市の足助町に行ってきました。

あくまで用事のついでだったので、滞在時間わずか30分でしたが
素晴らしい町並みだったので、また機会をつくってじっくり歩いてみたいです。

そして今回の「迷盤」はゾンビーズです。

オデッセイ・アンド・オラクル


ヒット曲「二人のシーズン」を含む、サイケ・ポップの隠れ名盤。
この再発の紙ジャケット盤はステレオとモノラル両方楽しめます。

68年当時の最新兵器「メロトロン」も全般的に使われていて
メロトロン・ファンにもお勧めです。
(メロトロンとはオルガンみたいな鍵盤楽器ですが、鍵盤を押すと中に内臓されたテープが回りだし、
あらかじめ録音されたストリングスの音とかフルートのような音が鳴り出すしくみ、
しかし回転速度にムラがあるため微妙に音程がずれますが、それがまた味があります。)

そんな迷盤「オデッセイ・アンド・オラクル」を持って足助町に行って来ました。
詳しい記事はこちらの「迷盤と旅」別館へどうぞ!
「迷盤と旅」別館http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/with_08.html

足助町

IMG_0336_1.JPG

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

ゾンビーズについて深く知りたい方は「白猫目」さんの記事を読んでください。
http://blogs.yahoo.co.jp/oidon11jp/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%BE%A5%F3%A5%D3%A1%BC%A5%BA

ゾンビーズ「二人のシーズン」

posted by トミヤン at 22:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

蓬莱橋 with Larsen Feiten Band

迷盤と旅

蓬莱橋(ほうらい)静岡県島田市の大井川に架かる木造の橋です。

今回はラーセン・フェイトン・バンドのCDを持って行ってきました。

ラーセン=フェイトン・バンド


詳しい記事はこちら「迷盤と旅」別館を用意いたしましたので、こちらへどうぞ!

「迷盤と旅」別館
http://japan-travelmusic.blogspot.com/2009/01/with.html

IMG_0540.JPG

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

ps・・
デジタル・ムービーを買おうかなと思っているトミヤンです。
前と比べると値段もだいぶ安くなってきましたね。
(そうは言っても5万円以上のものは買えません。(泣)



posted by トミヤン at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「迷盤と旅」別館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。