2008年10月19日

御前崎の中心でブリティッシュ愛を叫ぶ!

トミヤンのブリティッシュな日常その4
今日は素晴らしい秋晴れの日でした。

そこで家族サービスも含め、御前崎までドライヴすることになりました.

御前崎は静岡県の太平洋に突き出た三角地点の先端で、
少し前に御前崎町と浜岡町が合併して御前崎市になりました。

トミヤンの住んでいる所から車で1時間半くらいの位地になります。

しかーしトミヤンの財布の中身を確認したら、1万円札が一枚です。
うーん、はたしてこれで大丈夫だろうか?
情けないけどなんとかしよう・・・もうやだ〜(悲しい顔)

11時に出発、途中カミさんと子供がお腹がすいたと言い出し、
「ぽたじゅう」でハンバーグとポテト、ジュースを買い、
さっそく千円の出費、トミヤンはお腹が一杯とウソをつき買わなかった。
(貧乏くさくて、スミマセンー。笑)

最初の到着地は旧浜岡町佐倉にある「桜ヶ池」。
IMG_0281.JPG
桜ヶ池にはいろいろな伝説があり遠州七不思議の一つと数えられています。
池には大蛇が棲み、底なしで長野県の諏訪湖まで通じているとも?
IMG_0283.JPG
穏やかに佇む「桜ヶ池
ここではお菓子を500円ほど買った。
IMG_0286.JPG
次に行ったのは浜岡原子力発電所の展示館。
入場は無料である。(良かったー・・・笑)
IMG_0289.JPG
展望台より浜岡原子力発電所を一望。
ここはタダで半日くらいヒマ潰せますね・・笑。
IMG_0292.JPG
本日の目的地、御前崎の灯台が見えてきました。
道路沿いにはサーファー野郎がいっぱいいて、ハッキリいって邪魔です。(怒)
IMG_0294.JPG
逆光の中そびえる御前崎灯台。
IMG_0295.JPG
高台から太平洋を望む、しかしこんなところにも落書きが、
日本人のモラルは何処へ行った!ちっ(怒った顔)
御前崎の海岸線、美しいです。
IMG_0303.JPG
御前崎灯台へ行ったあと、その下にある「御前崎グランド・ホテル
のお風呂に入りました。

だれもお客さんはいなく、貸切状態です。
この辺も寂れてきて閉鎖していく旅館やホテルが多いです。
IMG_0304.JPG
入浴料金を家族3人で2千円払いました。
(なんか以前より高くなり、従業員の態度もよろしくなかった。)

でもそんなことはどうでも良いくらいリラックス出来ました。
夕日が観れれば最高なんでしょうね。
IMG_0302.JPG
そして最後に,ちかくの地元の特産品を売っている「なぶら市」に。

しらすのちりめんとのりを買いました。

しめて2150円でした。

今日のお買い物です。
ちりめん」は最高に美味しいです。

はあー、なんとか7千円で今日は無事過ごすことが出来ました(笑)。

よーし、これからも思う存分ブリティッシュ・ロックを聴くぞー!
と御前崎に向かって叫ぶトミヤンでした(笑)

本日の1枚。

アンソニー・フィリップス/ギース・アンド・ザ・ゴースト(紙ジャケット仕様)

ジェネシスの初代ギタリスト、アンソニー・フィリップスの77年の作品。
繊細なガラス細工のような淡い幻想。
叙情的なサウンドが好きな方でしたら、買って間違いないです。
フィル・コリンズもヴォーカルで参加。(この頃はフィルは売れてないですから・・笑)

英国中世の田園風景を思う存分味わってください。



posted by トミヤン at 20:10 | Comment(2) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

峠越え

トミヤンのブリティッシュな日常 その3

ロック・ミュージシャンたるもの、堅実な人生送っちゃいけねー
その日その日を刹那に生きていくなーんてねわーい(嬉しい顔)
(あー、トミヤン別にロック・ミュージシャンでもなんでもありませんもうやだ〜(悲しい顔)

実はトミヤンも2年前に長く務めた職場を辞めました。
今も働いていますが、その日暮らしみたいなものです。
でも精神的には、だいぶ楽になりました。
人間やっぱし、あんまり我慢しちゃーいけないというか、
いい意味で自然体でいたいものです。(難しいですけど・・笑)

今日はなんとなく山に行きたくなりました。
何故ならばそこに山があるから・・・笑 ゴメンナサイ!
IMG_0200.JPG
トミヤンの唯一の足は50ccのカヴです。
昼間でも薄暗く、人通りもない狭い山道を3時間も走りました。
IMG_0201.JPG
だいぶ標高も高くなって来て、すごく寒いです。
峠はまだか!
IMG_0202.JPG
ようやっと峠の標識が・・
ようやっと山道が登りから下り坂に
IMG_0208.JPG
道の下にはダム湖が静かに佇んでいました。
(騒音一つない静寂、静かすぎます。)
IMG_0210.JPG
ようやっと峠の反対側、大井川にでました。
前に見えるのは大井川鉄道の鉄橋、SLも走っています。
(観たかったなー、今度また来よう。)
IMG_0216.JPG
山里の風景もすっかり色ずいてまもなく収穫の秋ですね。

しかし、また3時間以上寂しい山道を走らなければ
家に帰れないトミヤンなのでした。トホホ・・・
(日が暮れたら、もうたいへんです。)がく〜(落胆した顔)

本日の1枚
新たなる離陸(トゥーズ・ア・クラウド)

マジック」のヒットで知られるパイロット
アラン・パーソンのプロデュースで美しくもポップな
佳曲揃い。これぞ英国伝統のサウンドですね。
(去年来日コンサート観に行きましたよ。生で聴いた「マジック」最高です
パイロット「January」最新映像をどうぞ
posted by トミヤン at 08:00 | Comment(0) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

地球の真ん中に行って来ました。

トミヤンのブリティッシュな日常、その2
(まったくブリティッシュとは縁がありません。)

トミヤンは今年は何故か、隣の県である山梨県
6月、8月、9月と付き合いの旅行で3回も行ってしまいました。

この歳になると、いろんなしがらみで行きたくもない旅行にも
嫌でも付き合わなくてはならないから、もう大変です。

ですから今年は、さくらんぼ狩り、もも狩り、ブドウ狩りと
ぜーんぶ体験しちゃいましたよ。(笑)
IMG_0068.JPG
意外とおいしかったサクランボ。

トミヤンは静岡県に住んでいるので富士山とかは、
普段当たり前のように見ているんで、感動もしないんですけど
やはり他県の人はきっと違うんでしょうね。
IMG_0211.JPG
駿河湾から観た富士山。
伊豆へ向かうフェリーの船上で撮りました。
IMG_0060.JPG
山梨県側からの富士山。
どちら側からの富士山が良いかという話になると
静岡県民と山梨県民のバトルが起こります、ので語りません。(笑)

この頃は静岡県民は美味しいフルーツやワインを求めて山梨県へ移動します。
一方、山梨県民は海を求めて静岡県の海岸線を目指します。
ちょっとした県民同士の大移動が毎年のように行われるのです。(笑)
IMG_0137.JPG
なんか絵の雰囲気が北朝鮮みたいな人民風?

そして中に入るとなんと
IMG_0135.JPG
ここが地球の真ん中だったんだ!
ちゃーんと宇宙人も証明しているしー。

地球の真ん中に来たら、なんといっても話題の「信玄餅」です。

さっそく買って帰りました、おいしかったですよ(笑)

しかし、なんでぶどう園が地球の真ん中なのか謎である。

本日の1枚
シャカタク/SHAKATAK『ナイト・バーズ』

ドライヴのBGMはこれ1枚で十分!
ブリティッシュ・ジャズ・ファンクの総合デパート。
(ブリティッシュ・ロックじゃなくてゴメーン、ゴーメーン(笑)
でも良いですよトミヤンはシャカタクは好きです。



posted by トミヤン at 17:00 | Comment(0) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

トミヤンの生息地を紹介します。

今回は、ブリティッシュ・ロックから離れて

私、トミヤンの住んでいる地元というか環境を紹介したいと思います。

IMG_0199.JPG
トミヤンのパソコン。
4万5千円で買いました。モニターはもらい物です。
手前にローマ字変換表があります。
四苦八苦しながら、指1本で文字入力しています。(笑)
側にパソコンのスキルがある人が居ればなー、
解からないことばかりです。(涙)

トミヤンの住んでいるところは静岡県の、地方の町です。

昔から静岡県は温暖な気候のため根性なしが多いと言われていますが、
トミヤンも例に漏れず筋金入りの「根性なし」です。

地方の田舎なんで大学生とかもいませんので、
いわゆるロックとか若者文化はあまりというか、ほとんどないです。
まあトミヤンも、もうオジサンなんでいいんですけど。
近くの錆びれたスナックから演歌が聴こえてくるくらいの
音楽環境なんです(笑)
IMG_0236.JPG
まるでプログレの聖地カンタベリーのような風景。
なーんて勝手に思っている(笑)
えりも岬じゃないけど、なにもない町です。

IMG_0193.JPG
少し山側に行くと、昔の街道のなごりが残っています。
まるでタイム・スリップしたかのような静かな佇まい。

IMG_0272.JPG
トミヤンの子供
ブリティッシュ・ロックには全く興味を示しません(笑)

IMG_0194.JPG
しかーし
トミヤンは、このなんにもない町から
1人で黙々とブリティッシュ・ロックを聴き続けて行きます。
(と海に向かって誓うトミヤン)

ブリティッシュのカケラもない町に住んでいるからこそ
やはり、ないものねだりでブリティッシュへの憧れが
ひしひしと湧いてくるのでしょうね(笑)

こんなトミヤンですが、
今後ともみなさんヨロシクお願いしますね!

本日の1枚
CaravanCaravan『In The Land Of Grey And Pink』

イギリスのカンタベリー地方代表グループ
キャラヴァンの「グレイとピンクの地
ほんわかした田園ロックが聴けます。







posted by トミヤン at 08:00 | Comment(0) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

ポール・マッカートニー&ウイングスを買い漁る!

いや〜、めっきり涼しくなりましたね

うれしいかぎりです!

唐突ですが・・ポールとウイングスの作品って

意外や意外!なかなか普通に買えないんですね?

★ポール・マッカートニー&ウイングス★

以前は全部の作品を持っていたのですが・・

レコードからCDになったりで、買い換えしてないものや

プレミアな中古価格になっていて、売ってしまったりで・・


しかし、そこは転売のプロでもあるトミヤンですから

早速に低価格で4作品を仕入れました(笑)。

今日、買ったのは

@「ヴィーナス・&マース」
A「スピード・アンド・サウンド」
B「ラム」
C「タッグ・オブ・ウォー」

久々に聴き直したいと思います。

その後は高値で売り飛ばします(笑)。
posted by トミヤン at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。