2009年05月03日

忌野清志郎さん死去

忌野清志郎さんが5月2日午前0時51分、

がん性リンパ管症のため東京都内の病院で亡くなりました。(享年58)

70年代にRCサクセションの中心メンバーとして活躍し

日本語ロックのパイオニア的存在だったと思います。

シャウトする歌声はとてもハートフルかつソウルフルでした。

80年代には「清志郎ルック」と呼ばれた髪型やファッションが
当時の若者たちの間で流行したのも覚えています。

やはりトミヤン世代にとっては、強烈に印象が残っているアーティストです。

去年、武道館で復活コンサートを行ったばかりでしたので
昨日のこの忌野清志郎さん死去のニュースには驚きました。

トミヤン洋楽(ロック)が好きですけど

日本のロック・シーンもリアル・タイムで聴いてきましたから
(でも70年代くらいが中心ですけど・・)

本当に最近はトミヤンの好きだったミュージシャンたちが
ポツポツと逝ってしまいます。

まあそれだけ歳をとったということなのか、寂しいですね・・。



雨上がりの夜空に



忌野清志郎/忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

タグ:忌野清志郎
posted by トミヤン at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ジェフ・ベック 「ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラブ」

ジェフ・ベック (Jeff Beck)DVD「ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ
売れてるみたいですねー(笑)。
(予約の段階ですけど・・トミヤンも予約しました。)



不思議ですが・・ジェフ・ベック名義では初めてのDVDです。
エリック・クラプトンとの共演やインタビューも収録されています。

今年2月に来日コンサートをしたばかりの
65歳のジェフ・ベックですが、いまだ演奏の緊張感は充実しています。

単にギター・プレイが上手いというテクニック的のことだけならば、
それ以上のギタリストはゴロゴロいると思いますが。

そういう次元を超越したところにジェフ・ベックはすでに存在しています。

スケールとかも理論で弾くタイプではなく、ギリギリの感性で弾く感じかな、
まるでナイフ・エッジのように尖っています。

トミヤンにとって「ブロウ・バイ・ブロウ」や「ワイアード」は一生もんのアルバムです。

ロック・ギタリストはジェフ・ベックしかいないと誰かが言っていましたが

まあそのくらいの賛美があっても、すごく当然と受け止めてしまいます。

それではジェフ・ベックで「スキャッターブレイン」です。
(これがまた、カッコイイのだ!)



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

ジェフ・ベック来日!




    
posted by トミヤン at 06:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

ELO ケリー・グルーカット死去

ELOケリー・グルーカット(Kelly Groucutt)が心臓発作の為亡くなりました。(享年63歳)

たぶん名前を聴いてもわからないでしょうね。

まあELO=ジェフ・リンですから、無理ないですね。
(あとは結成時のリーダーの才人ロイ・ウッドくらいで、あとはその他大勢ですもんね。)

ケリーさんは74年から83年までのELOの黄金期に在籍したベーシストです。

ELOはメロディーもポップでしたが、ベース・ラインも非常にキャッチーでしたので、
ELOの土台を寡黙に支えた人だったと思います。

ディスカバリー


79年の大ヒット・アルバム。全曲シングル・カットできそうなポップな曲。
というよりマジで全曲シングル・ヒットを狙った、とんでもない作品です。
その証拠に全曲ビデオ・クリップを製作しました。

それではELO流、究極のポップ・ソング「Shine A Little Love」をどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=caK5R7133kI

ザナドゥ


80年のサウンドトラックで、映画はどうでもいいのですが
ELOと当時人気絶頂の歌姫オリビアとのコラボが実現。

トミヤンはどっちもお気に入りなので、楽しさ倍増です(笑)

本当に単純に楽しめる作品なので、息抜きに持って来いだと思いますよ。

やっぱしオリビアのバージョンのほうが良いですね(笑)
じゃあ、やっぱし「ザナドゥ」ですね!
ケリー・グルーカットさんのご冥福を祈りながら聴きましょう。)



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

ビーチ・ボーイズに憧れた英国人
タグ:elo
posted by トミヤン at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

鈴木茂 元はっぴいえんど 大麻所持で逮捕

鈴木茂(元はっぴいえんど)が昨日、大麻所持で逮捕されました。

その影響で一時はっぴいえんどのCDなども販売中止になるかも・・です。

《送料無料》はっぴいえんど/風街ろまん(HQCD)(CD)


細野晴臣 大滝詠一 松本隆 鈴木茂
日本語ロックのパイオニアでもあり、その後のJ−Popを牽引していく強力なメンバー。

洋楽の影響を強く受けながらも、ちゃんと日本人的叙情を染み込ませた手法は
シティ・ミュージックの洗練さの先駆けともいえます。

鈴木茂は、はっぴいえんどのメンバーの中では一番ミュージシャンらしかった人。

解散後もソロ・ギタリストとして活動。
スタジオ・ミュージシャンとして日本のポップス史に残るような
重要な作品にはほとんどといっていいくらい参加しています。
ユーミン、南佳孝、尾崎亜美等々信頼が厚かったのでしょうね。)

《送料無料》鈴木茂/BAND WAGON 2008 SPECIAL EDITION(CD)

75年の初ソロ・アルバム。
当時はやりのLAでの海外録音、あちらの腕利きミュージシャンと
ギター一本で渡り合い、充満している音の熱気は本当に凄いです。

松本隆の詩による日本的な風景が浮かぶ詩の世界と
アメリカ西海岸のサウンドが見事にブレンド!
(こういった手法もその後の他のアーティストの定番となりました。)

ブリティッシュ・ロックのコンセプトとはずれますが、
今回の事件を知って、トミヤンも好きなミュージシャンだったので
こうして記事を書かずにはいられませんでした。

まあ事件に関しては、ミュージシャンに酒・女・ドラッグはつきものなので
あえてコメントはいたしません(笑)

どちらにしても日本のポップスの一時代を築いてきた人には代わりありませんからね。

それではバンドワゴンから「八月の匂い」をどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=gMIvx9bJ4T4
Tin Pan Alleyの「ソバカスのある少女」も好きです・・笑)

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ






posted by トミヤン at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

エリック・クラプトン来日!

エリック・クラプトンが来日します。

まずはその日程からどうぞ。

エリック・クラプトン来日公演日程

2009年2月12・13日
大阪城ホール

2月15・18・19・24・25・27日
日本武道館

問い合わせ・ウドー音楽事務所
Tell03-3402-5999

なんと、もう18回目の来日公演になります。
ジェフ・ベックについでの来日でギター好きはもう大変ですね(笑)

エリック・クラプトンのブルースへの深い憧憬は周知のとうりですが

その中でも彼が最も敬愛するのが黒人ブルース・ギタリスト
ロバート・ジョンソンです。

とにかくクラプトンはロバート・ジョンソンのことを知らない相手とは
口も利かないといった徹底ぶりで、そののめり込み度は尋常では
なかったと言われています。
コンプリート・レコーディングス(初回生産限定)

現存するロバート・ジョンソンの全曲を収録した3枚組。

エリック・クラプトン/ミー&MR.ジョンソン

エリック・クラプトンによるロバート・ジョンソンのカバー集。
タイトルから察するも本当に好きなんですねー。

ロバート・ジョンソンが活躍したのは1930年代。
彼はこの世に望まれて生まれてきた訳でもなく、生い立ちは不幸です。

18歳でギターを抱え旅の酒場で歌うという、日本でいう流しみたいな
日々を送っていたといいます。

しかしギターの腕前は凄く、その上手さに悪魔に魂を売ったとされる
クロスロード伝説」なるものがささやかれるようになりました。

その一方で彼は無類の酒好きで女好きでもあった。
1938年8月13日、ミシシッピーの酒場の店の女と関係になり
ところが彼女は酒場の亭主の妻であり、嫉妬に駆られた酒場の亭主に
毒をもられ、僅か27歳で生涯を終えたといいます。
ロバート・ジョンソン クロスロード伝説

とにかく謎の多い人生だったらしいです。
興味のある方はぜひこちらを読んでください。

まあそんなことも頭に入れながら、クラプトンの公演を観るのも
また違った感慨深いものとなるでしょう。

ところでチケットは手にはいるのかなー?
(早速東京の友人に頼んでみて、取れたら行くつもりのトミヤンです)
エリック・クラプトン/461オーシャン・ブールヴァード+16 <デラックス・エデ

トミヤンが最初に買ったアルバム。
ヘロイン中毒を克服した74年復帰作、レイドバック路線の幕開け。
ボブ・マリーの曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が全米1位になりました。

この曲が聴きたくて買った記憶があります。
レゲエのリズムがシビレますね(笑)
「アイ・ショット・ザ・シェリフ」

ロバート・ジョンソンの「クロスロード」も良かったら聴いてください。
うわー、渋すぎます(笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=Yd60nI4sa9A

エリック・クラプトン、BB・キング、フィル・コリンズ共演

ジェフ・ベック来日!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ





posted by トミヤン at 08:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ジェフ・ベック来日!そして新作も?

ジェフ・ベックが来日しますね。
ライヴ・ベック2006

2006年のライヴ音源。
一瞬、昔のベック・ボーガード&アピスのアルバムだと思った(笑)
全曲インストで、ジェフ・ベックのギター・プレイを思う存分堪能出来ます。
ジェフ・ベックの勉強と予習に最適なアルバムです。

ブリティッシュ・ロック・ファンでしたらたぶんご存知ですね。
一応お知らせに日程を紹介しときます。

東京公演
09年 2月6日(金)東京国際フォーラム
    2月7日(土)  同
    2月9日(日)NHK ホール

横浜公演
    2月11日(水)パシフィック横浜

名古屋公演
    2月12日(木)愛知県芸術大ホール

金沢公園   
    2月13日(金)ウェルシティ金沢

福岡公演    
    2月16日(月)ZEEP FUKUOKA

大阪公演
    2月18日(水)大阪厚生年金会館
    2月19日(木)  同

ジェフ・ベックってなんか年齢不詳な雰囲気ですけど、もう還暦です。
結婚も6回くらいしていて、やっぱその辺はロッカーですね。

トミヤンはギター弾けませんけど、
元ギター少年たちにはたまらない存在なんだろうなー。

ジェフ・ベックのプレイはメチャクチャにテクニカルという訳ではないけど、
ギターのトーンだけ聴いても「あ!ベックだ」というくらい個性的です。

弾きまくるというより、斬り込むようなフレーズが魅力的なんですね。

ライヴ・ベック!

2003年ライヴ音源。
あれー、いろいろ知らないうちに出ていたんだなー知らなかった(笑)
BB・キングとの共演のあと、そのキングのクラヴでの演奏を収めたアルバム。
構成もトリオで、小さな会場なので、ダイレクトに音が伝わってきます。

トミヤンはどうも、感性が古いので
2000年以降のジェフ・ベックの作品には馴染めませんが、
一応頑張って聴いてますよ(笑)
ジェフ

2003年作品。
すごくデジタルな肌ざわり、トミヤン打ち込みはどうも・・・
でもきっとトミヤンが古い人間なんです(悲)

ところで、またしても新作が出ていました!
またしてもライヴ盤です。

その名もライヴ・ベック3です。(笑)



ジェフ・ベックってカバー曲の演奏の方が割りといいんですよね、
「悲しみの恋人たち」とか「グッパイ・ポーク・ハイ・ハット」とか。

それでは最後にジェフ・ベックの演奏で
ビートルズの名曲「A Day In The Life」をどうぞ。



サイト内のジェフ・ベックの記事



posted by トミヤン at 08:30 | Comment(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

SHM−CDとは+エド・はるみかナックか

SHM-CD,最近の洋楽再発盤のひとつの売り文句になっています。

ところで、そのSHM-CDって何だ?

そこでトミヤンは早速調べました。

SHM-CD スーパー・ハイ・マテリアルCD(super High Materiar)
覚えました?わーい(嬉しい顔)日本人はとかく横文字に弱いですから。

それがどうしたー、ということですが
つまりー、あのー、そのー、(笑)

CDの記録面に従来よりも透明度の高い液晶パネル用ポリカーボネート樹脂を
素材として使用している為、これによりCD信号をより忠実にピックアップで
読み取れるようになったため高音質になったとされています。

しかしいっぽうで、現在CDプレイヤー自体の性能が向上しているので
音質上は、あまり変わらないとの指摘ももうやだ〜(悲しい顔)

現在SHM-CDよりも上位とされるSuperAudioCDが既に普及しているし、
今後、普及するのかは未知数みたいですよ。

もう一方でHQCD(Hi Quality CD)もあるが、
これはSHM−CDとほとんど同じで、音楽会社の戦略的な都合で
二つに別れたらしい(本当に紛らわしいですちっ(怒った顔)

それよりトミヤンはオーディオ・マニアではありませんが、
今はみなさんミニ・コンポみたいなのが主流なんでしょうが
やはり最低でも10万前後のもじゃないと聴けないですね。

音の立体感が全然違いますし、やはり音質がある程度良ければ
音楽聴く楽しみ方がまた変わってくるのではないでしょうか
(トミヤンの知人でオーディオに100万以上掛けてる人もいますが)
あれはたぶん、音楽と言うより別の趣味ですね(笑)
 
★楽天ストア 10万円前後のオーディオ商品一覧★

まあー、あれやこれやウンチク言うより
まずは買って聴け!パンチ という事でしょうか。

トミヤン買いましたけど、確かに音は良いに決まってるのだが
(正直、従来のリマスタリングされたCDとかとの違いがよく判りませんもうやだ〜(悲しい顔)
早い話、あんまり気にする必要もないということかなドコモポイント

トミヤンお勧めの紙ジャケットSHM-CD仕様のアルバム。


「ゲット・ザ・ナック」
79年作「マイ・シャローナ」など大ヒット曲を含む。

あれー、ナックってアメリカのバンドでした?
なんかイメージとしてブリティッシュっぽい感じがしました。
ジャケットも曲もビートルズっぽいですよね。(と、言い訳しときます・・笑)

今人気絶頂のエド・はるみグーグー・ダンスの元ネタ
「マイ・シャローナ」聴いてみます?わーい(嬉しい顔)
The Knack『My Sharona』
たぶんトミヤンもエド・はるみさんも年が近いと思うので、
若いとき聴いてたかも。(エド・はるみからナックを知る人もいるんでしょうね・・笑)
しかしナックはロック界の一発屋みたいな感じなってしまった。
あまりに「マイ・シャローナ」がヒットしすぎたんですね。


「天使と小悪魔」ケイト・ブッシュ
ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアに見出され
衝撃のデビュー、一度聴いたら忘れられない高音域かつキュートな
歌声は唯一無比の存在(矢野顕子とちょっとかぶるかな・・笑)
みなさんよく知っている「嵐ヶ丘」収録。
確か日本盤はジャケットが、ちょっとカワイらしめな顔写真のジャケットでしたね。
「嵐ヶ丘」聴いてみます?サンマのなんかのテーマ・ソングですよね。
Kate BushKate Bush『Wuthering Heights』




posted by トミヤン at 13:00 | Comment(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

レッド・ツェッペリンの紙ジャケ

最近やたらと紙ジャケットの復刻盤の再発がラッシュだ。

一体、何枚買わせるつもりなのか
お金がいくらあっても足りない、まんまと罠にはまっていくようだ(怒)むかっ(怒り)

ブリティッシュ・ロック界の超大物レッド・ツェッペリンのアルバムも
過去、何回も再発を繰り返してきましたが

9月10日にまたもや再発されました。

今回は英オリジナル盤を忠実に再現したジャケット。
(オーなんか凄そう!しかし今までのは忠実じゃなかったのか?)
ウーン、また買いたくなってきたではないか。わーい(嬉しい顔)

しかもLP時代の初回盤の帯(タスキ)が付いている。

音質は、新素材高品質CDのSHM-CDを採用。
(なんのこっちゃ解からんが、とにかく良いということらしい・・笑)

トミヤンの世代はレコードでしたから、
当然まだ子供でしたんで、少ないおこづかいからLPレコードを
買うことじたい勇気のいることでした。

当時は試聴も出来なくて、やはり買うかどうかの決め手になるのは
レコード・ジャケットでしたね。
(あとは勝手な想像力・・笑)

ジャケ買いという言葉があるように、結構ジャケットの良し悪しで
決めてましたね。
(でも良い作品は音楽中味もジャケット等のアートもすばらしかった。)

CDになってからはコンパクトになり便利なんだけど、ジャケットの絵を
楽しむ魅力が半減してしまいましたね。

レッド・ツェッペリンのことについては、
もうあまりに有名なんで、トミヤンごときがウンチクを並べても
しょーもないんで止めます(笑)

買う買わないはあなた次第ですが、
こういう限定生産盤って、あとでマニアの間で思わぬ高額がついたり
するんですよね。

マニアックなものが好きなトミヤンはそういったことで
思いもがけず儲かってしまったことが過去何回かあります。わーい(嬉しい顔)


ディープ・パープル
の紙ジャケットも同じ仕様で発売されていて
ハード・ロック・ファンはもうたまりません。
ここはぐっと我慢するか、余裕の大人買いで一気に揃えるか?
どうしましょうたら、どうしましょう(笑)

Led Zeppelin『Led Zeppelin』

衝撃のデビュー作品。
Led Zeppelin『Led Zeppelin II』

人気を不動のものとしたセカンド・アルバム。
名曲「胸いっぱいの愛を」を含む。
Led Zeppelin『Led Zeppelin III』

ジャケットに穴があいていて中に仕組まれた回転盤の絵が見える。
移民の歌」が有名。
Led Zeppelin『Led Zeppelin IV』

トラッド、ブルース、ハード・ロックといった
豊かな音楽性を凝縮したロック史上に残る名作。
天国への階段」はあまりに有名。
Led Zeppelin『Houses Of The Holy』

はじめてタイトルがついたアルバム。
メロトロンなどキーボードを大胆に導入、
美しいメロディーの曲が収録されプログレ・ファンも魅了した。

フィジカル・グラフィティ

初の2枚組アルバム。
へヴィー・メタルな「カシミール」収録。
Led Zeppelin『Presence』

10分を超える大作「アキレス最後の戦い」は
後期レッド・ツェッペリンの代表作と挙げるファンも多い。
永遠の詩(狂熱のライヴ)〜最強盤

今回の紙ジャケット再発の1番の目玉。
豪華ブックレットも付いている
これが果たして本当に最強盤なのか?
ここまで自信たっぷり書かれると信じるしかない(笑)

★レッド・ツェッペリン関係オークション★







posted by トミヤン at 13:30 | Comment(2) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

ピンク・フロイド リック・ライト、65歳で死去

リック・ライトピンク・フロイドのオリジナル・メンバーである。

そのリック・ライト(Key)が2008年9月15日に
肺がんのため亡くなりました。

本当に寝耳に水というか、思ってもみないことでした。
というのもリック・ライトは最近ではピンク・フロイドだけでなく、
デヴィッド・ギルモアの「オン・アイランド」にも参加していて
そのツアー・コンサートでも元気な姿をみせてくれていたからです。

私たち世代だと70年代に思春期を過ごしていましたから、
その頃の憧れのロック・ミュージシャンたちは還暦を過ぎていますね。
(たぶんこれから、こういうニュースが増えてくるんだろうなー・・・)
寂しい限りです。

リック・ライトは確かに目立つ人ではなかったけれど
(テクニカルなソロとかも弾かないけど、独特の間と響きのあるピアノの音が好きだなー)
ピンク・フロイドにはなくてはならない人。
フロント・プレイヤーではないけど、あのピンク・フロイドの質感は
明らかにリック・ライトの持っているものだと思う。

84年に発表したリック・ライトのソロ・アルバム「ウェット・ドリーム」
を聴けば彼がギルモア同様にピンク・フロイドのサウンド面でのキーパーソン
だったことが伺える内容になっていますね。
(現在この作品なかなか手にはいらなのです、ぜひ再発を!)

リック・ライトの感性が伝わってくる作品は
やはり初期のピンク・フロイドの作品だと思います。
Pink FloydPink Floyd『Relics』

初期の作品集 「ピンク・フロイドの道」
シド・バレット在籍のファースト・アルバムからの選曲も多い。

そして思い出に残るのはポンペイでの遺跡の中での演奏ですね。
当時はNHKの「ヤング・ミュージック・ショー」で放映され、衝撃を与えた。
(ヤングという言葉が何故か時代を感じさせます)
大作「エコーズ」でのリック・ライトのヴォーカルも良いです。
聴いてない人はこちらからどうぞ。
Pink FloydPink Floyd『Meddle』「おせっかい」


「炎」Wish You Were Here
「狂ったダイアモンド」でのキーボードのトーンはまさにリック・ライトです。

最後に盟友でもあるデヴィッド・ギルモアが
自身のサイトに載せた追悼文を紹介します。

「誰もリック・ライトに取って代わることは出来ない。
彼は僕のミュージカル・パートナーであり友人だった。」

「穏やかで謙虚、人前に出たがらなかったが、彼のソウルフルなヴォイスとパフォーマンスは、
ピンク・フロイドのサウンドにおいて極めて重要で魔法のような存在だった。」

「僕の気持ちを言葉で表すのは簡単なことではない。
でも、僕は彼を愛していた。本当に寂しく思う。」

リック・ライト最後の勇姿となってしまったコンサート。
【送料無料】(CD)デヴィッド・ギルモア/狂気の祭典−ライヴ・イン・グダニスク【通常盤:2CD+D...




posted by トミヤン at 00:32 | Comment(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ポール・マッカートニーがビリー・ジョエルのコンサートに乱入!

2008年、どうやらポール・マッカートニーワールド・ツアー
に向けての準備をしているような動きがあるみたいです。

もし実現すれば02年のツアー以来約6年振りのこと、

思うにポールも御年66歳、もうこれが最後かも?(02年のときも

そんなこと言っていましたが・・苦笑)

やはりロック・ミュージシャンたる者は死ぬまで走り続けるんですね。

今年になってポールは6月にリバプールで3万6千人を前にエネルギッ

シュなコンサートを行い。6月14日にはウクライナの首都キエフで

なんと35万人を集めて(いくら無料でも凄すぎる)歴史に残りそうな

コンサートまでしていて、

そしてカナダで7月20日、これまた無料で、会場のアブラハム平原

に27万人が集まったみたい(ハー・・ため息)

その2日前にはニューヨークで、あのビリー・ジョエルのコンサートに

飛び入り乱入、会場をおおいに盛り立てたそうですよ。

この勢いですと、もうワールド・ツアーは間違いない!(古かったです

ね、スミマセン。)

今年のポールの変化は、前述のコンサートで「ア・デイ・イン・ザ・ラ

イフ」を歌ったそうで、ジョン・レノンのパートもポールが歌ったとか

ジョンの曲も演奏してくれたら嬉しいです。

ポールのライヴ盤というと、私みたいな中年世代ですと

やはり76年のウイングス絶頂期の「USA ライヴ」ですね。

しかしこの盤、何故か入手困難みたいです。(結構、高額なんです。)

ならば、これしかないですね。


ラストの「ゴールデン・スランバー」に感動!

《送料無料》ポール・マッカートニー/トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティ(CD)



【送料無料】バック・イン・ザ・U.S.−ライヴ2002 / ポール・マッカートニー
バンドのメンバーが変わりよりパワフルにロックしている感じがあります。どちらも甲乙つけがたい、私は両方持っています。

★ビートルズCD オークション お宝見つかるかも★


posted by トミヤン at 06:05 | Comment(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

デヴィッド・ギルモア「 狂気の祭典 」超豪華最新作

デヴィッド・ギルモアの(ピンク・フロイド)最新ライヴ作品

狂気の祭典ーライヴ グダニスク」という邦題で10月1日に

発売される予定です。

狂気の祭典-ライヴ・イン・グダニスク(Special Deluxe Edition)(発売予定)

デヴィッド・ギルモアといえば、ちょっと前に35年ぶりのソロ作品

オン・アイランド」を発表、そのツアーの模様を収めたDVD

覇響」をリリースしたばかり


スペシャル・ゲストになんとデヴィッド・ボウイが出演!

何故かピンク・フロイドを封印してから、本当に精力的に活動していますね。

まあ今となっては、デヴィッド・ギルモア=ピンク・フロイドですから

ファンとしてはうれしい限りなんですけど。

ただ今回は曲目もだいぶ被っていますし、バンドのメンバーも一緒なので・・・

ギルモア命の人は即買えばいいだろうし、そうでない人は様子をみてか

らというのもいいんじゃないかな。私は金欠なんで(トホホ・・)

そうします。

今回の目玉はDVD2枚とCD3枚という超豪華な使用にいろいろ特典

も付いているそうです。(お値段も、それなりなんですけど)

内容はピンク・フロイドの楽曲をオーケストラと共に演奏というのは

初めて?

【送料無料】(CD)デヴィッド・ギルモア/狂気の祭典−ライヴ・イン・グダニスク【通常盤:2CD+D...


あ、そうそう値段的に厳しい方は通常盤という手もありますね(笑)

デヴィッド・ギルモアの続きを読む
posted by トミヤン at 06:25 | Comment(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

キース・エマーソン来日!日本公演にはちょっとした秘密を用意しているよ

あのキース・エマーソンが10月に来日

それに先立ち、キース・エマーソン・バンドのCDが発売されました。

今回は前から親交のあったアメリカのハード・ロック・ギタリスト

マーク・ボラーニをヒューチャリング、EL&P 以来の久々のバンドに

よる演奏、全曲オール新曲でキースのピアノ、ムーグ、オルガンの

プレイはもちろん、今の時代にパイプ・オルガンもヒューチャーされて

ロック・キーボードが全開で楽しめるので嬉しいかぎり。

【CD】キース・エマーソン・バンド・フィーチャリング・マーク・ボニーラ/キース・エマーソン...

おまけに10月には、この新作をひっさげての来日公演まで予定されて

ますよ。

インタビューではEL&Pの曲も当然プレイするし、もっと別のなにか

「秘密」を用意すると熱く語っていました。

キース・エマーソンがギタリストと競演というのも、考えてみたら

すごく珍しいことですよね。


キース・エマーソン・バンド新作

続きを読む
posted by トミヤン at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。