2012年03月09日

タイ・フォン「シスター・ジェーン」

タイ・フォン(Tai Phong)はご存知フランスのプログレ・バンド。

というかプログレなのか?そんなことはどうでもいいくらい

美しくも甘〜い美メロが素敵なバンドなのだ!

奇跡的にも当時リアル・タイムで日本でもレコードが発売され

その為か熱心なファンが日本にも多く(自分もその一人ですが・・)

たぶんアルバム・ジャケットの鎧武者のおかげで日本でも発売されたんだろう推測がつきますが

ファースト・アルバムもセカンド・アルバムもファンの間では傑作の呼び声高く

作品は再発されるもすぐに廃盤・・中古で探すしかないかもです。

唯一・・新品で手に入るサード・アルバム。



この時すでにバンドは分裂し・・契約上の問題で・・もう1枚作品を製作するはめに・・

当然のごとくバンドというより・・たぶんこれまでのアウト・テイク。

ジャケットの写真も投げやり感が漂って、駄作だと思われがちなのですが・・

しかし助っ人の新メンバーの頑張りもあり予想外の良い作品内容なので
(むしろこのサードが一番プログレ的でもあります。)

タイ・フォンのファンの人は絶対に聴くべし!

それでは1stアルバムからのヒット曲「Sister Jane

なんかべスト・テンの中継のような映像ですね(笑)。



その後メンバーのジャン=ジャック・ゴールドマンは

フランスの国民的な人気歌手になりました。

それでは世界的人気歌手セリーヌ・デュオンとの共演で

Céline Dion & JJ Goldman - Pour que tu m'aimes encore


posted by トミヤン at 06:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | ユーロ・プログレッシュヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。ブログ村経由で飛んでまいりました。
Tai Phongは私も愛聴しております。(4枚目は別バンドのようになってしまったのでそれほど愛聴してないですけど)
Sinster Janeはちょっと女々しいところもありますけど、ロマンティックですよね♪
Posted by Cafpino at 2012年03月10日 00:38
どうも、こんばんわ。
コメント有難う御座います、そうですね・・おもいっきり女々しいところも病みつきになっています(笑)。
あの美メロ、そしてフレンチなポップス感が魅力です。
Cafpinoさんのブログの記事もプログレ・ファンには納得の記事が
多いと感じました、またちょくちょくおじゃまいたします、よろしくお願いいたします。
Posted by トミヤン at 2012年03月10日 19:02
taiphongのこと書いて下さり嬉しく思います。曲、この声大好きです。
最近気づいたんですがLushelのボーカルと声の傾向が似ていますね。
Posted by sayano at 2012年06月01日 18:15
sayanoさん初めまして、よろしくお願いいたします。
Tai Phong好きの自分としては、Tai Phong仲間が増えることが本当に嬉しい限りですね。
思い返してみれば昔〜昔・・ミッシェル・ポルナレフ?も好きだったのでフランスには縁がありました(笑)。
Posted by トミヤン at 2012年06月05日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。