2012年01月09日

BBCドラマ「生存者たち」

新年明けましておめでとう御座います。

去年はなんか災害列島な日本でしたね、個人的には何もなく過ぎ去ってしまいました。

先月、風邪を引いて以来、体もずっとだるく

なにか新種のウィルスに感染したのかそう疑いたくなるこの頃で

お正月は家でレンタルのDVDを時間つぶしに観ています。


それでなんとなく借りたのが「生存者たち」というテレビ・ドラマの一巻から六巻まで

アメリカのよくあるテレビ・ドラマだと思っていたら・・

なんとなく地味で、主人公が中年のあばさんで・・ちょっと違和感を感じていたら

イギリスの地図が出てきたんで・・それでBBCのテレビ・ドラマだと気づきました。



よくあるウィルス感染のパニックもので99%の人が感染し、やがて死亡して

1%の生存者たちのサバイバル・ストーリー。

それでも、冷酷なのか優しい人間なのかよくわからない脱獄囚のトムのキャラが気になって、できれば先が観たい、

テレビ・ドラマは次を観させるという仕掛けが映画と比べて半端じゃないですから

当然のように今回もハマってしまいました(笑)。

ウィルス感染でほとんどの人類が死亡してしまうというストーリーが同じ

スティーヴン・キングの「スタンド」もなかなか面白いですよ。

タグ:生存者たち
posted by トミヤン at 18:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トミヤン
Posted by H at 2012年01月12日 01:19
トミヤンさん、こんにちは。なんだか前回、コメントが上手く行かなかったようなので、再送します。

僕も洋物TVドラマ好きなので、よくレンタルショップでDVD借りて見るのですが、このドラマはまだ見かけませんねー。

それにしても、感染モノって普遍的ですよね。何時の時代も必ずある。でも思わず見てしまいます。「生存者たち」も見てみたいです。
Posted by H(エイチ) at 2012年01月15日 03:02
エイチさん、今年もよろしくお願いいたします。
「生存者たち」はアメリカのTVドラマにおされ、レンタル・ショップの隅にありました。日本語吹き替えなしです(笑)。
「24」「ロスト」に始まり、洋物TVドラマはハマってしまいます。ずっとレンタル通いが続きますね、でも最近はレンタル料が安いので助かります。
Posted by トミヤン at 2012年01月15日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。