2011年11月14日

紅白よりも一家に一枚!デビット・フォスター&フレンズ

デヴィッド・フォスター(David Foster)

AORファンなら知らない人はいないと思いますが

80年代の音楽界を決定づけてしまった作品ジェイ・グレイドンとのユニット

エアプレイの「ロマンティック

この作品でのデビット・フォスターのアレンジが日本のアレンジャー達に研究され

歌謡曲やニュー・ミュージック等の楽曲のアレンジがフォスターっぽいものばかり

巷に溢れていたような感じで

ある意味90年代の小室サウンドばかりが流れていた時と同じような状況で

その功罪は大きく、あまり作曲家や編曲ばかりが目立ってもつまらない。


そんな彼ですが・・そのキャリアは素晴らしく

そのキャリアを振り返った構成のコンサートは超豪華で観ていて楽しい!

前作も楽しかったが・


今回も超豪華なスター達が勢ぞろい・・これでもかというくらいです。

歌謡ショーを観てるようで・・紅白をも上回っています。

ケニー・ロギンス、チャカ・カーン、ナタリー・コール、E,W&F、ドナ・サマー
などなど若手から大御所たちまで・・単純に楽しいですね。

ぜひお子様も加えて家族で観れる音楽ショーだと思えます。

今年の大晦日は視聴率の落ちた紅白歌合戦よりも

こちらのデヴィッド・フォスター&フレンズを観てたほうが良いかもですね(笑)。



フィリピンの女の子で Charice - All By Myself


人気の子役 芦田愛菜ちゃんも注目!Jackie Evancho - O Mio Babbino Caro


やはり日本でいうトリを飾る大物演歌歌手のようなドナ・サマー
Donna Summer - Last Dance

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
posted by トミヤン at 19:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | FUSION /A.O.R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
豪華絢爛歌謡ショーですね。
紅白よりも絶対面白そう。みんな歌、上手いし。

ドナ・サマー!若いですね。びっくりです。

あと、デヴィッド・フォスターさんとは全く関係が無いのですけど、
ドナ・サマーが歌ってるときに、(4;01頃)オーディエンスのなかに シュティフィー・グラフさん(元テニスプレイヤー)の姿を見つけた時は、テニス好きの私としましては感激しました。ってことはアガシも客席にいるのかな?ってすみません。なんのこっちゃわかりませんよね。(笑)
Posted by Cheekyマミー at 2011年11月16日 00:24
Cheekyマミーさん、こんにちわ。

正直あまり知らないというか、興味のないジャンルの歌手さんたちがいっぱい出てくるんですが・・それでもこの人たちは聴かせてしまいます。退屈もしませんでしたし楽しいコンサートです。

ドナ・サマーさん少しぽっちゃりしましたが、まだまだイケますね〜(笑)。

テニスのことは詳しくありませんが・・オリンピック選手などの著名人などが観衆に居ますね、トミヤンから見るとみんなセレブっぽい人たちばかりに思えます(笑)。
Posted by トミヤン at 2011年11月16日 14:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。