2011年10月21日

ピンク・フロイド「夜明けの口笛吹き」

ピンク・フロイド「夜明けの口笛吹き」はサイケデリック・ブーム真っ盛りの

67年8月にリリースされたデビュー作品で

唯一シド・バレットが在籍した時期のアルバム。



アビーロード・スタジオで4トラックの録音機材で製作した、

その隣の部屋ではなんとビートルズの面々が

4トラックの録音機材を二台続げ8トラック機材で

あの「サージェント・ロンリー〜」を録音製作中だったという。

実はトミヤンこの作品はこれまであまり真剣に聴いたことがなかった、

プログレもしくはアート・ロックの代名詞とも呼ばれた

原子心母」以降のピンク・フロイドとは明らかに異質なのだから

これは別のバンドの作品とみなした方が良いと思ってしまった。

曲もポップでビートルズ的でサイケ・ポップの傑作とでも言えるのか

プログレは聴かないけどこの作品は大好きだと言う人も多いですね。

今回、トミヤンはマニアックな輸入盤でモノ録音とステレオそしてシングル・バージョンなど

収録された3CDで豪華ブックレットやなんとシドの落書きが収められたのを

勢いで買ってしまいました〜(笑)。


改めて身銭を切って聴くとこの作品は凄いですね!

やっぱシドの感覚は普通じゃない!ギターも全然まともじゃないし

それでいてキャッチでポップ、万華鏡のようなキラメキ。

オーバー・ドラッグですでに精神が破綻してきたというシド

皮肉だけどピンク・フロイドがここまでビッグになれたのも・・

ある意味、次作の「神秘」製作あたりで壊れバンドを去るしかなかった結果

彼は生きたまま伝説の人となってしまった。

またこの作品のプロデュースはビートルズ「リボルバー」でのエンジニア

ノーマン・スミス、彼は色々な斬新なこころみを行っており

5人目のピンク・フロイドともこの時期は言えます。

それでは1曲目「天の支配
Pink Floyd - 01 - Astronomy Domine



この頃のプロモーション映像を観ると、すでにシド・バレットの代わりに

デヴィッド・ギルモアが映っていますね。

こちらはまだシド・バレットも映っています。「arnold layne



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
posted by トミヤン at 07:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | プログレの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。先日はリンクありがとうございました。
「夜明けの口笛吹き」は私も大好きです。いかにもラリってる感じが、初めはちょっと怖かったですけどね^^; 
シドの落書き・・・さぞかし、シュールなんでしょうねw
Posted by jikkennezumi at 2011年10月23日 11:14
ピンク・フロイド、最近はリマスター盤の発売にともなって再評価の機運が高まっていますね〜。
やはりシドは「狂ったダイヤモンド」だったんですね〜。
シドの落書き、わりとカワイイ絵ですよ〜笑)。
Posted by トミヤン at 2011年10月24日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。