2011年09月27日

ピンク・フロイド「あなたがここにいてほしい」

ピンク・フロイドのリマスター盤がいよいよ発売されました〜!

トミヤンは安い輸入盤の方をまず4枚買いました、

それではまずこの作品から聴いています。

75年のピンク・フロイド「Wish You Were Here

(邦題 あなたがここにいてほしい



あの世界的に大ヒットしたモンスター級アルバム「狂気」から2年

世界中のファンがまちに待った期待の作品だったが・・

それはメンバーたちにとってみれば重いプレッシャーだっただろう。


当初、次回作は楽器をまったく使用しない自然音などで作品を作るなど

噂が噂を呼んでいたが、その異色作はどうやらオクラ入りになったようです。

その代わりに正式にリリースされたのが本作「Wish You Were Here」


なんとも内省的な内容で、弱弱しい感じすら印象を受ける。

あなたがここにいてほしい・・とは

若くしてバンドを離脱したシド・バレットへのオマージュ

喪失感というものが全体を漂っている。

「狂気」で見せた文明批判ともとれるコンセプトなどもはっきりなく

比較してしまうと地味な印象すら受け

当時はかなり評論家からは酷評だった感がありました。


しかし・・どうなんでしょうか?

トミヤン自身も時が経つにつれてこの作品がとっても好きになりました。

いまではフロイドの重要な作品であることの位置づけられ

多くのファンにもっとも愛されている作品になったのは承知の事実。

ギルモアのギターが鳴らす哀愁味を帯びたソロは

一聴すれば耳から離れず、いわば泣き系のプログレの傑作だとも言えますね。

それでは表題曲「Wish You Were Here



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

PS・・

やはりこれは買わないと!シド・バレット在籍の唯一のアルバム、たった今買いました〜♪

posted by トミヤン at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログレの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227791128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。