2011年09月13日

ポール・マッカートニー/タッグ・オブ・ウォー パート2

昨日もご紹介しましたポール・マッカートニー/タッグ・オブ・ウォーですが

ジョンの事件以降の初めての作品で、ビートルズ・ファンとしては安堵!

しかし、言いつきましたが素晴らしい傑作になったことは誰もが認めるところ

これぞポール・マッカートニーのサウンド、崇高ささえ感じます。

そろそろ再発してもいい頃ですがね・・・

★ポール・マッカートニーの作品集★

この作品の目玉はいろいろありますが・・・

まずはスティービー・ワンダーとの共演で、2曲一緒に演奏していますし、

あのジョージ・マーティンとも一緒にやっています。

それではポール度100パーセント!!

ジョージ・マーティンやドラムにリンゴ・スターに名ドラマーのスティーヴ・ガッド

そして10ccのエリック・スチュワートなどが・・

とっても豪華で楽しさ満載の「TAKE IT AWAY



そしてそしてスティーヴィー・ワンダーとポールの二人ですべて演奏した名曲

Ebony And Ivory」です。素晴らしい!!



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
posted by トミヤン at 19:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。お元気でしたか?
テンプレートがとてもヤングになりましたね!(笑)

スティーヴィー&ポールの「エボ二ー&アイボリー」なつかしいな。
80年代に流行りましたね。
今、あらためて聴いてみると、歌詞とか、ビデオクリップとか見て、なるほどそうだったのね!って今さらながら思いました。
エボ二ー(黒鍵盤)&アイボリー(白鍵盤)ブラック&ホワイト。スティーヴィーとポールの奏でるハーモニーだったのですね!

随分とブログをお休みしていましたが、また再開しました。
またよろしくお願いします。
Posted by Cheekyマミー at 2011年09月15日 03:08
Cheekyマミーさん、お久しぶりです!

テンプレートをヤング(ヤングってもう死語ですね・・笑)に
しました〜。

ここ最近、聴いてるようで、なんかあやふやなポールのソロ作品を聴き直しています。やっぱし発見というか気づきが多々ありますね。

ブログ再開とても嬉しいです、さっそく訪問させていただきます。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by トミヤン at 2011年09月15日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。