2011年09月01日

ポール・マッカートニー/ラム

ポール・マッカートニーの71年の作品「ラム

ファンの間では一番の傑作とも言われていますが・・

実は今まで聴いてなかったのです。

で・・さっそく買うことにしたのですが

新品って売ってないんですね・・なかなか?何故?

「ラム」探してみてください!

それで仕方なくオークションで中古CDを千円で落札し

たった今、「ラム」を聴きながら記事を書いています。


発表当時はあまり評論家からからは良い評価じゃなかったような記憶がありますが・・

時を重ねて徐々にこの作品はポールの最高傑作ではないか?

というファンの方々の意見も数あるようですね。

サザンの桑田圭介さんが無人島に1枚持っていくとしたら

この「ラム」を持っていくと発言したのも有名な話ですね。

天才は天才を知るということなのでしょうか。

しかしこの「ラム」一回聴いただけじゃ・・なかなか良さがわからない

じわじわと好きになっていくようなスルメ盤的な感覚がします。

どの曲というよりビートルズっぽいし、ポールらしさに満ちているような

トミヤン自身は今日、初めて聴いたので・・まだまだ時間をかけて

聴き込んでいきたいと思う作品ですね。

それではジョンへのあてつけとも言われる1曲目

Too Many People」をどうぞ!

posted by トミヤン at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。