2011年07月23日

ブライアン・イーノ「アンビエント」

ブライアン・イーノさんは、もちろんロキシー・ミュージックの頃から知っていますが

なんか気持ち悪いオカマちゃん的な認識しかなく・・

その才能というか美意識の凄さを初めて知ったのが 

その後のアンビエント・シリーズも斬新な試みだった、

環境音楽という定義もここから始まったような気がいたします。

そのものズバリの空港のターミナルの為の音楽(実際に使用された空港があるとか?)
              ↓
ブライアン・イーノ/ミュージック・フォー・エアポーツ(紙ジャケット仕様)

アメリカの実験音楽家ハロルド・バッドとの共作で、耽美的で美しい世界が堪能できる
               ↓
ブライアン・イーノ/ハロルド・バッド/ザ・プラトウ・オブ・ミラー(紙ジャケット仕様)

地底深くから聞こえる音楽というより音響!
このアンビエント・シリーズの中でも一番ディープな内容
             ↓


自分の居る空間やその時間に天気などの自然環境などなど

それらの要素とこのイーノのアンビエント・シリーズの音が偶然にもマッチすると

これはもの凄く病みつきになる音楽です。

それではブライアン・イーノ/ハロルド・バッドから「First Light」をどうぞ!

posted by トミヤン at 15:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログレの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215795856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。