2011年03月05日

「バンド・オン・ザ・ラン」デラックス・エディション

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)&ウィングスの出世作「バンド・オン・ザ・ラン

最近すごく気になっていたデラックス・エディションという

CD2枚とDVD1枚のセットを買ってしまいました。

ワンランク上のスーパー・デラックス・エディションというのも発売されています。


最近は映画のDVDとかも何とかエディションとか色々と差別化をはかって紛らわしいですね。

単刀直入に言うとこれは絶対に「買い!」ですね!良いです・・本当に。



今更もう説明もいらないと思いますが、誰もが認めるポールの大傑作アルバムですね。

ただこの作品、偶然の産物というか・・見えざる神の意思が働いたようです。

というのも、せっかく順調になってきたウィングスでしたがレコーディング直前に

ギターとドラムの二人がポールの何に腹を立てたのかしりませんが?急に脱退!


残されたポール、デニー、リンダの三人で、アフリカのナイジェリア、ラゴスのスタジオに

これがまた・・とんでもなくオンボロなスタジオだったらしい。

そして、トドメを刺すがのごとくデモ・テープを盗賊に盗まれたとか・・・

普通ならばレコーディングを断念するのでしょうが、少人数なのが良かったのか続行

サウンド的にはポールとデニー・レインの2人で作り上げたという感じですが、


これがまた文句のつけようのないほど良いですね〜!

ポールは何故か?スタジオでプロフェッショナルなミュージシャンと録音するよりか

一人か数人で宅録みたいな感じで作った作品の方がクオリティーが高いですよね。


このデラックス・エディションは当然リマスターされ音質もかなり良くなっています。

それにアルバムに収録されなかった「愛しのへレン」も収録。

そしていろんなヴァージョンの「バンド・オン・ザ・ラン」「ジェット」「ブルーバード」などが

これでもかというくらい楽しめます。

DVDの昔のビデオ・クリップもファンにはたまりません〜・

(なんか営業マンみたいですが・・ただのファンですから・・お間違いなく!)


この作品は名作ですから、全曲とても良いのですが、

トミヤンは隠れ名曲の「ブルーバード」が大好きです。


しかし盟友デニー・レインさんは偉い!ポールとリンダときたら・・・・

普通、目の前であんまりイチャイチャされたら自分だったら怒って帰ります(笑)。

それでは「ブルーバード」です。

posted by トミヤン at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、買いました^^;

今日、やっと届きました・・・・
 (って先週注文したんですが^^;)

リクツとかではないですよね、やっぱ。
頻繁に聴いていた頃の思い出とかまで一度に蘇る、という・・・

楽しんでます。
ありがとうございました^^
Posted by えでぃ at 2011年06月03日 23:54
こういった企画は、ある意味邪道なのでしょうが・・
熱心なファンであれば食いついてしまいますね。

昔だったら絶対に聴けなかったであろうデモ・テープなども最近はよく再発の際のボーナスとしてよく収録されていてファンであるがゆえ聴きたい衝動にかられます。

ポール関連のこの手の再発が続々とつづきますが
なぜか値段がバカ高い!輸入盤で7千円以上もするので
買う気がおこりません。
2千円にしてくれー−!
Posted by トミヤン at 2011年06月07日 05:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188903926

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。