2011年02月23日

ジェネシスの底力を聴け!「トリック・オブ・ザ・テイル」

ジェネシスの76年の作品「トリック・オブ・ザ・テイル」は

リーダーかつカリスマ看板ヴォーカリストのピーター・ガブリエルの脱退を受け

残された4人が必死の頑張りをみせた奇跡的な作品だと思います。


思いもよらなかったピーター脱退に、ほとんどの人がバンド解散および消滅を確信したはずです。

オーデションでピーターの代わりを探したりもしましたが・・居るはずもなく・・

苦肉な策としてドラムのフィル・コリンズをヴォーカルにするという・・

今となっては、この瞬間がまさに「歴史は動いた」と確信できる事件でしたが

当時は本当にまさかのことでした。(まあ日本ではまだまだ無名でしたが・・)


最近「トリック・オブ・ザ・テイル」と「静寂の嵐」

安い輸入盤でDVDとCDのセットで2枚組を買い変えましたが・・

お目当てのDVDが日本のDVDプレイヤーでは再生出来ませんでした・・

こんなグローバルな時代に様式なんて・・おかしいと思いませんか!(笑)。


プログレ・ファンから絶大なる支持をえるガブリエル時代のジェネシスに

ポップ・バンドとして大ブレイクしたフィル・コリンズのジェネシスとの

ちょうど狭間にはさまれた、この僅かな時期のジェネシスもなかなか

ブリティッシュ然とした良作を発表していましたね。

「トリック〜」と「静寂の嵐」は今でもプログレ・ファンからは熱い支持を得ています。

「トリック・オブ・ザ・テイル」全曲紹介


1. ダンス・オン・ア・ヴォルケーノ
力強いフィルのドラムが新生ジェネシスの幕開けを告げます!
http://www.youtube.com/watch?v=FJO8kcZdfQM&feature=related
2. エンタングルド
これぞ英国!プログレ万歳!12弦ギターとメロトロンの絡みがたまりません。
http://www.youtube.com/watch?v=01CnBGWvBpE&feature=related
3. スコンク
めちゃくちゃカッコイイこのリズム!フィルならではの曲調。
http://www.youtube.com/watch?v=pwACOepzW8k&feature=related
4. マッド・マン・ムーン
とっても英国風〜、トニー・バンクスの5本の指に入る名曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=3W-uOQ41n8U&feature=related
5. ロべリー、アソールト&バッテリー
昔ながらのジェネシスです・・ガブリエルが歌いだしそうです・・
http://www.youtube.com/watch?v=n3OQaSpZwSE&feature=related
6.リプルス
単調ながら叙情的な曲です、あのアニー・ハズラムさんも歌っています。
http://www.youtube.com/watch?v=Yf6z0wAdJ5k&feature=related
7. ア・トリック・オブ・ザ・テイル
これも伝統を感じさせるジェネシスらしい佳曲です。
8. ロス・エンドス
プログレのお手本のようなインスト曲、ハケットさんのコンサートのトリを飾る曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=HX-8S0yNceE&feature=related

それでは表題曲の「トリック・オブ・ザ・テイル」です。

中睦まじい4人の姿が懐かしいですね〜



タグ:ジェネシス
posted by トミヤン at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 「名盤」「迷盤」まるごと紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はジェネシスと言えば、「ガブリエル期に限る!!!派」なんですけど、このアルバム、「トリック・オブ・ザ・テイル」は好きです。
前作のガブリエル色の濃い「眩惑のブロードウエイ」から、本来のジェネシス路線に一度もどして、ファンの心をわしづかみっ!って感じですね。フィルちゃん、歌も上手いし、なんてったって声が似てますよね〜〜。ピーター様より上手かったりするので、ちょっぴり腹立たしいけど。(笑)
Posted by Cheekyマミー at 2011年02月25日 08:27
ジェネシスをリアルタイムで聴き始めたのは確か・・
「眩惑のブロードウエイ」でした。今までの中世路線から一気に現代にワープしてしまい、それもニューヨークですから(笑)。
内容もシュールで、サウンドも実験的な曲もあり、かなり異質な雰囲気を受けました。

それでこの先どうなるの・・という矢先ピーターの脱退
「トリック」を聴いたとき正直、今までのジェネシスが
帰ってきたという安心感を感じました。
当時はフィルの声がピーターにそっくりだったんで驚きました。(今では明らかに違いが判りますが・・)

意外とジェネシス・ファンの人気の高い作品だと聞いています。
この頃はまだフィルもカッコ良かったです。
彼の髪が薄くなるのにつれてジェネシスのセールスが上がっていったのが皮肉ですね(笑)。
Posted by トミヤン at 2011年02月26日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187437931

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。