2011年02月10日

ゲイリー・ムーア 追悼!

ゲイリー・ムーアの訃報は

多くのロック・ファンの方に驚きと悲しみを与えましたね。

ゲイリーを知ったのはコロシアムUからでした。


そして短期間ながらシン・リジィー(Thin Lizzy)でのフィル・ライノット(Phil Lynott)との活動。


80年代のブリティッシュ・ハード時代に

90年代からのブルース・ロック時代等、どの時代のゲイリーも思い入れがあります。

それでは若き日のゲイリー・ムーアを拝みながら「Back On The Streets」です。

ドラムのコージ・パウエル、フィル・ライノット・・みんな死んでいます。

あの世でもセッションしているのかな・・?


posted by トミヤン at 19:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
この度は大変お悔やみ申しあいます(何

ココ最近クルマの中でもっぱらThin Lizzyの「ブラックローズ」をよく聴いておりましたところで。
ワタシの好きなCDのBEST10に入る傑作だと思っております。
そしてコージー・パウエルのCD「オクトパス」もクルマの中で時々聴いておりました。「ジェフ・ベックのプレーも味があるな〜」と思います。が! このアルバムはやっぱりゲイリー・ムーアの「サン・セット」がワタシにとっては聴きドコロですね〜

そんなこんな言ってるウチに
みんな死んでゆくぅ〜
これから20年間は毎年のようにそんな思いをせにゃイカンと思うとなんだか居た堪れなくなってきます〜
Posted by えでぃ at 2011年02月12日 00:57
昔はロック・スターは早死にするものと言うのが定説でしたが・・昨今はかなり健康志向のロッカーが増えてきたのも事実。
彼もまた死して伝説になるんでしょうかね〜

「おまえはすでに死んでいる」状態の自分に比べれば
ゲイリーさんは十分に生きた!と言えるのかも知れないと思う最近です・・・
Posted by トミヤン at 2011年02月12日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185267205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。