2011年01月13日

ポール・マッカートニー/フレイミング・パイ

1997年作品のポール・マッカートニー/フレイミング・パイ
みなさんはご存知でしょうか?




この作品トミヤンはすっごく好きです。

初期のポールらしさ、素朴でシンプルなメロディー

簡潔でラフな演奏で・・そう「ラム」の頃のような


しかし残念ながらポールの数ある作品群の中に埋没されてしまったような

不当までにも評価が低いというか、あまり話題に上らない作品ですね。

今では中古市場でタダ同然でたくさん出回っていますので

ぜひ手に入れてください!(笑)。本当に!


またもやELOのジェフ・リンが参加していますが

ジョージのときみたいなデシャバリは全然していません・・と言うより

さすがにポール=ビートルズ=大師匠とも言える存在なので

ジェフ・リンも余計な事は出来なかったんでしょうね。

あとはおなじみのリンゴ・スターとギタリストのスティーヴ・ミラーが参加

その結果、特別に他のミュージシャンを使うこともなく

ほとんどポール自身の演奏で、自宅で演奏しているような雰囲気が感じられます。

どの曲というより全部がポールらしさで溢れている素晴らしい音楽です。

それではポール・マッカートニーで「Souvenir」を聴いてください。


posted by トミヤン at 06:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビートルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアルバム知りませんでした。80年代90年代にはうといもので・・・

でも、この曲とても良いですね。アルバムもよさそう。
ポール大先生です!!!
ひずんだようなギターサウンドも私の好きな音でグッときます。

今年もよろしくお願いします。
Posted by cheekyマミー at 2011年01月13日 20:25
気軽に聴ける良いアルバムですよ。

ポールさんはビートルズ、ウイングスなどどちらかというとバンド活動での評価が高くて、ソロの方の評価は
イマイチという感じですよね〜

トミヤン自身も80年代以降〜あまり知りません。
また機会をみて聴いていきますね!
よろしくお願いいたします。
Posted by トミヤン at 2011年01月14日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。