2010年07月03日

スティーヴ・ハウ 「ビギニングス」

「名盤」「迷盤」まるごと紹介 その1

またまた気まぐれで、新たなカテゴリーを作りました。

このコーナーはトミヤンの気まぐれで選んだ作品を
なるべくえり好みせずにできるかぎり全曲紹介していきたいと思います。

さて最初の第1号は・・なんとスティーヴ・ハウ 「ビギニングス」です。

この作品を聴いたっていう人はよっぽどのイエス・ファンだけでしょうね?



問題作「リレイヤー」発表後のメンバー全員がソロ・アルバムを製作するという
暴挙の一環の中で発表されたスティーヴ・ハウの初ソロ・アルバム。

当時、熱烈なイエス・ファンだったトミヤンはすっごく期待して買いました。

しかしレコードに針を落とした途端に期待は落胆に変わってしまいました。

あまりにラフな音作り、スティーヴ・ハウの歌も下手すぎる〜!
やはりイエスの五分の一でしかなかったのね〜

イエスのジャケットで有名なイラストレイターのロジャー・ディーンも
なんとなく手を抜いたようなジャケットの絵。

もうわかったからギターたくさん持っているって、見せびらかさないで〜(笑)。

極めて趣味的な作品で、ほとんどハウ一人で演奏しています。
リズムでアラン・ホワイト、ビル・ブラッフォードがお手伝い
あ、そうそうパトリック・モラーツもイエスに加入した義理でちょこっと参加。

そんなハズレな作品でしたが、何故かしっかりとまたCDで買いなおしました。
(ファンとは本当にありがたいものですよ〜!)

イエスと比較すれば、緊張感もないし・・よく言えばホットします。

なんかスティーヴ・ハウさんのお部屋に個人的に招かれたような・・
ところどころ「海洋地形学の物語」あたりの断片があったりと・・

やっぱしイエス・ファンならば手に入れましょう!(なんじゃ、それ!)

それでは作品をまるごと聴いてきましょう。

といきたいところでしたが・・全曲は動画が見つかりませんでした。
とりあえずあるのだけでお願いしますね。

1. ドアーズ・オブ・スリーブ

動画ありませんでした。

2. オーストラリア
オーストラリア? ほのぼのムードの良い曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=C4ny8gKxyBg

3. 遥かなる海

4. ロスト・シンフォニー
ジョン・アンダーソンが歌っていたらきっと良い曲になったと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=B87Jygb3iw4

5. ビギニングス
ハウ+モラーツのクラシカルな曲
http://www.youtube.com/watch?v=gvDB82Fzqbo&feature=PlayList&p=0E1A3823BBAD52D8&playnext_from=PL&playnext=1&index=33

6. ウィル・オー・ザ・ウィスプ

7. ラム
ライヴでの定番のギター・ソロ

http://www.youtube.com/watch?v=pveYo3oOFl0

8. 歓喜の夜

9. ブレイク・アウェイ

ちゃんと聴けば、良い曲じゃないですか〜!
誰ですか!!ツマラナイと言ったのは!(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=ZBa-Gjdb3ds&feature=related
posted by トミヤン at 19:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 「名盤」「迷盤」まるごと紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、はじめまして。

「ジョージ・ベンソン」を検索していて『ジョージ・ベンソンのアビイロード』の記事にたどり着きました。
本家アビイロードの1ヵ月後にこんなにすごい作品が作られていたとは・・・
ちょっとあきれるくらい良い作品ですね〜

他にも過去ログを読ませていただいて良いモノに触れていけたら、と思います^^
またお邪魔しますので宜しくお願いします〜♪
Posted by えでぃ at 2010年07月04日 22:22
えでぃさん、はじめまして!

『ジョージ・ベンソンのアビイロード』は本当に良い演奏です。

やはり黒人のプレイって、頭じゃなくて身体全体からほとばしる感性が感じられます。

えでぃさんのブログもお伺いいたしました。
仕事の傍ら作詞、作曲と精力的に活動されているのに
感心しました。

自分も趣味でバンドやっていますが、今では月一回の練習もままならない状態です。

また、ぜひ遊びに寄ってください!
よろしくお願いいたします。
Posted by トミヤン at 2010年07月06日 19:06
ギタリストは歌が超下手でもかまわないのです!!(笑)

いいじゃないですか。ハウさんのソロ。当時は評価が悪かったのですか?まあ、イエスと比べるとごめんなさいって感じですケド。(比べてはいけない。)

オーストラリア。トレモロっていうんですか?ギターのエフェクト。いいですね。なにげに、井上たかゆきバンドを思い出しました。
ハウさんのギターは、とっても超高級サイケデリックで好きです。
Posted by Cheekyマミー at 2010年07月06日 19:47
マミーさん、こんにちわ。

当時一番、専門家さんたちの評価が高かったのはパトリック・モラーツでした。
クリス・スクワイアもかなりの力作でしたし、ジョンは期待どうりの作品でした、唯一まったく期待していなかったアラン・ホワイトのソロもセッション風ではありますが、いい意味でイエスとは無縁な音楽で良かったです。

という訳でハウさんは酷評されていましたね(笑)。
しかしハウさんは懲りずに、またまたモロ趣味丸出しの
セカンドを発表いたします。

そちらも買いましたが、どのギターを使用したか写真付きで解かるようになっていまして、こだわりまくっています(笑)。

ソロ・アルバムですから、それもありですよね。
なんだかんだ言ってもトミヤンは好きですよハウさんは!(笑)。
Posted by トミヤン at 2010年07月07日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155139902

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。