2010年05月15日

男は「酷道」を行く!

世の中にはいろいろな趣味を持つ方がいらっしゃいます。

鉄道ファンとかは現在ではメジャーな趣味でごく健全になってしまった。

廃墟を巡るとか、廃線や廃道巡りとかいろいろです。

最近知ったのですが、「酷道」ファンというのもありました。

日本国内には「国道」とは名ばかり、整備の進んでいない
ほったらかし状態にちかい危険な国道がいくつも存在します。

そんな危険で険しい「酷道」をわざわざ走るという変な趣味です。

それこそ本やDVDも発売されていますので、そこそこ需要はあるみたいです(笑)。

   
 酷道をゆく(2)     酷道 南日本編

実はトミヤンもどちらかというと・・好きです!(笑)。

地図を見ながらわざわざ曲がりくねった道を選びドライヴします。
県道レベルだと結構おもしろい道がたくさんありますね。

国道でも・・エッ!!と思うような、これが国道か〜!信じられん〜!
そんなとこありますよね、あっちこっちに

ただ心配なのは、道が狭く車一台がやっと走れる道幅で、下は断崖絶壁
みたいなところが多く、対向車が来たら・・どうしよう〜
そんな心配でいつもハラハラ・ドキドキです。
(自分もヒマジンだな〜と思いますが、好きなものはしょうがないです。)

トミヤンの住んでる静岡県で有名な「酷道」はR152線の
水窪町からさらに山奥に入った、静岡県と長野県の県境に位置する

青崩峠」という場所です、(一部未開通)地図上ではいったん道が消えています。
冬はさすがに通行止めかも知れないですね。

若い頃、車で挑戦いたしましたが・・
途中だんだん怖くなり怖気づいて引き返してしまいました(笑)。

でも最近・・またしても制覇したいという欲望が沸々と・・
何故「酷道」を走るのか・・それはそこに「酷道」があるからです!

それではその「青崩峠」の映像を少しどうぞ!



タグ:酷道
posted by トミヤン at 00:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | トミヤンのブリティッシュな日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「国道」ならぬ、「酷道」なんですね。
でも、その道に行きたくなる気持ちわかるな〜〜。

青崩峠(あおくずれとうげ)ってネーミングもかなりイケてますよね。
道も怖いが、おばけとかいそうで恐い。いきなり人がいたりなんかしたらもっと恐い・・・・
Posted by Cheekyマミー at 2010年05月18日 18:16
そうなんです「国道」ならぬ、「酷道」なんです。
ちなみに「県道」ならぬ「剣道」もあります(笑)。

怖いけど走ってみたい・・そんなスリル感が魅力なんでしょうね。
でも危険ですから、良い子は絶対に真似しないでくださいね。
Posted by トミヤン at 2010年05月19日 06:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149919827

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。