2010年04月06日

ピンク・フロイド 「あの夏の日」に戻りたい

ピンク・フロイドの出世作「原子心母



プログレッシヴ・ロックという言葉がこの作品から大々的に

この日本では使われ「ピンク・フロイドの道はプログレッシヴ・ロックの道なり
という有名な文句がレコードのタスキ帯に書かれていました。

70年頃から全盛を極めるプログレの輝かしい初期の名作です。

当時、先鋭的なプログレ・バンドが挑戦してきた
オーケストラとの共演や融合、そして組曲風な大作主義
それらがかなり高次元で完成された傑作として語り継がれています。

が・・が・・!トミヤンその大作にはあまり心が動かされることなく
昔でいうB面の各メンバーの弾き語り風の小作品が今でも好きです。

トミヤンはなんでピンク・フロイド好きなのか?
よ〜く考えるとリック・ライトが好きなんですね〜

テクニック的にはアマチュア・ライクな感じで・・音楽的高度な事はしていません。
でもでも・・彼の発する独特なまったりとした空気感と
彼独特なコード進行(決して意外性とかはないのですが、リック・ライトらしさですねかね〜。)

だからその中でも、ぶっちゃけた話リック・ライトの「サマー68」が大好きですね。

この曲聴くと、なんとな〜くノスタルジックな気分になり
遥か昔の甘酸っぱい青春時代というか「あの夏の日」を想い出します。
そんなそんなセンチな気分になってしまいます。
(昔は良かった〜なんて言いたくはないけれど・・・やっぱし良いです。)

ピンク・フロイドの「原子心母」は誰もが認める
ブリティッシュ・ロックの名作ですが・・意外にもA面の表題曲よりも
B面の「イフ」とか隠れた楽曲が好きだと言う人も多いですね〜。

アランのサイケデリック・ブレックファスト」も全然サイケデリック
じゃなくて・・映像が浮かぶような、まさに朝飯ではなくブレックファストです(笑)。

とにもかくもB面万歳ですね!

それではトミヤンの大好きな「サマー68」をどうぞ!



リック・ライト「ウェット・ドリーム」

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ


posted by トミヤン at 20:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | プログレの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LP時代は、A面とB面のメリハリがきいていてよかったですよね。

壮大なA面と、ナイーブなB面。

この構成が、名盤ですね。

「でぶでよろよろの太陽」が好きです。
しかし、なんていう邦題(泣)
Posted by おいみず at 2010年04月06日 23:56
おいみずさん、どうもです!
(LP時代は、A面とB面のメリハリがきいていてよかったですよね。)
本当にそうですよね〜、途中一服も出来て気分転換にもなったんです。
とくに大作を聴いた後は一服したいですね(笑)。

ギルモアの「でぶでよろよろの太陽」も渋いですね。
昔は邦題もなかなか凄いタイトルが付いていました。
考えた人は偉い!(笑)。
Posted by トミヤン at 2010年04月07日 06:00
Have a nice nostalgia!
私の最愛のピンク・フロイドですね〜。

「原子心母」のB面の小曲集、いいですよね。
(同様に「おせっかい」のA面も)
この頃のフロイドのサウンドにある深いエコー感が素敵で、
それが「エコーズ」につながるかな、とも思ったり。

私もリック・ライトが好きです。
リック・ライトがいてこそのフロイドだと思っています。
「Summer'68」はリックの最高作の一つだと思います。
リックのヴォーカル、デイヴのワイルドなコーラスもいい感じ!

A面の大作「原子心母」は、ロン・ギーシンによるオーケストラと
効果音があってこそプログレ的名曲になっていると思うのですが、
ライヴ音源などで聴けるオーケストラ抜きの
いわば「原子心母"ネイキッド"」も結構好きだったりします。
Posted by progfanta at 2010年04月11日 00:06
ピンク・フロイドの小曲って佳曲的な意味合いの作品が
多くて素敵ですね。(大曲が悪いっていう訳ではないですよ〜笑。)
「原子心母」は元々ピンク・フロイドのメンバーたちが
それぞれ収集がつかなくなった曲の断片たちを親友でもある
ロン・ギーシンが上手くまとめあげた作品だと聞いています。
その製作過程においては、サジを投げた作品を
第三者が上手くまとめて、ちゃんとした作品に仕上げた
という点ではビートルズの「レット・イット・ビー」に似ていますね。
「原子心母"ネイキッド"」もありだと思います。
Posted by トミヤン at 2010年04月11日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。