2010年02月05日

スティーブン・キングの「ランゴリアーズ」

トミヤンのシネマ館 その6

スティーブン・キングの「ランゴリアーズ」は

ファンの間では長い間、DVD化が待ち望まれた作品でした。




実は昔、ビデオ・レンタルでこの「ランゴリアーズ」は借りて観たことがあります。

同じくビデオで観た「ザ・スタンド」ともに気になっていました。

で!両方買ってしまいました(笑)。

こういうマイナーな作品って新品が売り切れてしまうと、再発もままならないので、

必ずといってほどお宝な商品となって高値が付きます。

ですから買うというよりと投資信託でも買ったという感覚というか

それよりもかなり固い投資だと思います。

トミヤン過去にも新品で買って、その2倍から3倍のお値段で他の方に譲った経験が幾度とあります。


まあそんなお金儲けの話は置いといて、この2作は気になります。

「スタンド」のほうはかなり強烈な印象があったのですが、

「ランゴリアーズ」の方はほとんどストーリーも記憶にありません。


さっそくさわりだけ観ましたが、

いや〜、引き込まれす!どうなちゃうんですか〜!

ランゴリアーズって一体何なんですか〜?・・・?

テレビ・ドラマで少々安っぽい映像もありますが・・

アマゾンでの評価もいろいろのようです。
       ↓  


たぶんこの作品もB級映画の範疇をでないのでしょうが・・

好きですね〜、こういった感覚の映画って!!

みなさんはどうですか〜?(笑)。

ロサンゼルスからボストンへの夜間フライト。

眠っていた数名の乗客を残し、すべての人々が消えていた・・

その事実に絶望と恐怖でパニックに陥りながら・・

さてさてどうなるんでしょうか〜?


それでは「ランゴリアーズ」のオープニングです。

映画も音楽も最初の数分で作品の価値が決まってしまいますね。



posted by トミヤン at 19:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | トミヤンのシネマ館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トミヤンさん Have a nice movie!

トミヤンさんもS・キングお好きなんですね。

キング作品は常にB級っぽさを漂わせながらも
作品の質がB級というわけではなく、
B級のテイストを愛している感じのする
「完成度の高いB級作品」という不思議な印象があります。

「ランゴリアーズ」もそんな感じがひしひしとしますね。

今、映画鑑賞を休んでいますが
またキング作品を含めていろいろと見てみたいです。
Posted by progfanta at 2010年02月08日 00:08
どうもです〜。
そうなんです、S・キング好きなんですね(笑)。
ただし小説は読んだことがありません。

とりあえずS・キングの名前があれば、とにかく観ます。
お金を賭けた品格ある映画よりも、何故か安っぽさの感じるB級作品がお気に入りだったりします。
入手困難な作品「地下室の悪夢」というDVDも持っています。

もしかしたら子供ころ観た日本映画の「ゴケミドロ」や「マタンゴ」(古い!!)といった作品の強烈な印象が残っていて、そんな感覚をS・キングの作品映画に探しているのかもしれません・・(笑)。
Posted by トミヤン at 2010年02月08日 08:00
最近の映画は、ひと昔前だったら「B級」って題材を、
A級の手触りで丁寧に作ってくれますよね。
私はそれを「ハイ・クオリティなB級」なんて
言ってみたのですが、
キング原作映画も「B級愛」が詰まった
素晴らしくハイ・クオリティなB級作品だと思います。

「ゴケミドロ」「マタンゴ」は、トラウマ映画にして、
決定的な何かを植えつけられた映画ですね〜。

幻想映画の恐怖って、現実世界の恐怖と違って、
なんというか、心の中のある豊かな部分に
つながってるような気がします。
Posted by progfanta at 2010年02月11日 08:20
progfantaさん、どうもです〜。

そうですね最近はB級といっても昔みたいな極端なチープな安っぽさを感じる作品はめっきり減りました。

そのかわり、タイトルだけが過激でストーリーがチープなスプラッター・ホラーがやたら多いような気がします。
(騙されて借りて観てしまったときにはゲンナリします・・笑。)

現実にはありえない恐怖・・でも・・もしかしたらと思わせる、そんな微妙な恐怖がもしかしたら・・一番怖いかな〜

とにもかくも映画に音楽どちらも興味は尽きないですね(笑)。


Posted by トミヤン at 2010年02月11日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140242363

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。