2010年01月15日

幕末といえば龍馬か新撰組でしょう?!

トミヤンのシネマ館 その4

最近は坂本龍馬のブーム再来ですね。

それもそのはず今年のNHKの大河ドラマが「龍馬伝」ですから。


なにせ主役の坂本龍馬役が人気スターの福山雅治さんですからね〜

でもトミヤンの中では坂本龍馬のイメージと福山さんの雰囲気が合うんですね。

だから今回の「龍馬伝」は好意的に観ています。

なにせトミヤン世代は「龍馬がゆく」での坂本役だった、

あの仮面ライダーの藤岡弘さんでしたから(笑)。
(過去に武田鉄也さんもありましたね!)


最近は歴史の好きな女の子「歴女」(レキジョ)なるものまで増殖しているみたいで、

歴史に興味もつのは大変良いことだと思うのですけど・・

イケメン風に脚色された戦国武将には、ちょっと!ちょっと!です。


で!で・・幕末といえば龍馬も良いけど、トミヤン的には「新撰組」です!

昔、司馬遼太郎先生の「燃えよ剣」を読んで以来すっかり

土方歳三はじめ新撰組のファンになってしまいました。

何故?龍馬と新撰組は本当に日本人は好きなんでしょうかね〜.


新撰組ファンのトミヤンは当然のごとく、新撰組ものはほとんど観ていますが、

最近、記憶にあたらしいのが浅田次郎の「壬生義士伝」

ほとんど無名の新撰組隊士だった吉村貫一朗を主役にストーリーが展開していきます。



映画では、中井貴一が吉村貫一朗役で、

坂本龍馬を斬った犯人ではないかとされている、

新撰組の斉藤一役を佐藤浩一が演じていて、この二人を中心にストーリーが展開、

またテレビドラマ「壬生義士伝では、

国際的俳優になった渡邊謙が演じています。

どちらもトミヤン的にはお勧めです!

それでは渡邊謙さんのほうの「壬生義士伝」の中から

新撰組での最大の内ゲバ、伊東甲子太郎暗殺事件「油小路の決闘」のシーンです。

posted by トミヤン at 20:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | トミヤンのシネマ館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気になっていたんです。大河ドラマの「龍馬伝」。
龍馬役が福山雅治さんだと知った時は、私の中のイメージと合わなかったのですケド、いい感じなのですね。

昔は藤岡弘さんが演じたのですか!藤岡さんのほうが私の龍馬のイメージですね。

司馬遼太郎先生は「燃えよ剣」と「竜馬がゆく」を同時進行で書いていらっしゃったようです。
この2人の幕末の若者、立場は対局でありながら自分を信じて付き進んでゆく生きざまは、やはりヒーローですね。

「龍馬伝」見たいな〜〜〜。。。
Posted by Cheekyマミー at 2010年01月15日 23:41
どうもです、
昔は時代劇といえば、いかにも日本男子といった風貌の俳優さんたちが演じていましたが(三船敏郎のイメージが強かったですね)

やはり時代なんでしょうか?最近はいい意味でソフトになってきました。
元々、坂本龍馬や土方歳三は女性に人気のある歴史上の人物
福山雅治さんが演じることで、またまた女性ファンが増えるのでしょうね。
すでに坂本龍馬ゆかりの観光地などは、観光客が倍増していて坂本龍馬グッズ?(笑)などが売れているそうです。

しかし昔の若者は熱かった!!ですね〜。

こちらで「龍馬伝」の撮影現場のニュースが観れます
        ↓
http://www.youtube.com/watch?v=CM3DsFYLMKc
Posted by トミヤン at 2010年01月16日 07:35
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

そして今日は誕生日ですか!?おめでとうございます。
司馬遼太郎と言えば、「播磨灘物語」が大好きで何回も読みました。懐かしいです。
Posted by reds20061222 at 2010年01月17日 13:20
redsさん、明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。

月日のたつのは早いものです・・
今年こそはいろんな場所に行ってみたいと思っています。
「名盤と旅」いつも拝見しています。
Posted by トミヤン at 2010年01月18日 05:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。