2009年12月21日

アート・リンゼイ

アート・リンゼイ(Arto Rindsay)のことはいつ知ったのだろう?

坂本龍一さん関連からだろうか・・

今日、偶然CDラックから10年以上ぶりにアート・リンゼイのユニット

アンビシャス・ラヴァーズ (Ambitious Lovers)の「lust」を聴いた。


本当に人の感性なんて、いいかげんでこうして久し振りに聴くと良いと思ってしまいます。

実はアート・リンゼイについては詳しいことは知りません!

DNAというニューヨークのパンク・バンドで活躍していたみたいですが・・

トミヤンを惹きつけたのは、そのさえない風貌です(笑)。

アート・リンゼイさんは本当に、日本でもよく見かける

冴えないオジサンそのものです・・絶対に音楽なんてやってません!

なんとなく古い書物を調べたり、歴史なんか好きそうな顔ですよね(笑)。



坂本龍一や矢野顕子などとも親交があり、

あのヴァイオリン奏者の★葉加瀬太郎★プロデュースも行っています。

彼は幼少時代はブラジルで育ち、その影響でブラジル音楽の影響を受けています。

ですのでボサノバをはじめルーツはブラジル音楽なのですが、

そのままじゃなくて、かなり屈折しています。

ギタリストらしいですが、ほとんどマトモには弾きません、

おそらくチューニングもデタラメにちかいというかノイズです。

キング・クリムゾンのエイドリアン・ブリューよりぶっ飛んでいますよ!


では最初は彼のブラジル音楽への敬愛が感じ取られる曲「Dora



やっぱしアート・リンゼイはA.O.Rとかフュージョンのジャンルではかたずけられない

もっと先鋭的なミュージシャンだったと思います。

冴えない人がこういった音楽をやると、実は凄くカッコイイですね!

posted by トミヤン at 21:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | FUSION /A.O.R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トミヤンさん、どうも〜。
リンゼイといえば
ヘンリー・カウに参加したリンゼイ・クーパーとか
フリートウッド・マックのリンゼイ・バッキンガムとか
市橋容疑者関連とか(失礼)思い浮かびますが、
アート・リンゼイ、いやこれはすごいですね。
いい映像を教えていただきました。

私の好きなビョークと同じく、
これは現在進行形のプログレだと思います。
Posted by progfanta at 2009年12月23日 01:17
progfantaさん、 どうも〜です。
このブログは「ブリティッシュ愛」と命名しながらも
しょっちゅう話題がブリティッシュから外れます(笑)。
まあ興味の対象はいろいろ変わるんで仕方ないですね〜

アート・リンゼイはアンビシャス・ラヴァーズ (Ambitious Lovers)の「lust」(坂本龍一、参加)を
一時ものすごく気に入り聴きましたが、すぐに飽きて
ほったらかしになってしまいました。(笑)

で、こうして10年振りに思い出し聴いたしだいです。
(しかし考えてみれば忘れ去られている事っていっぱい
ありますね〜・〜。)
Posted by トミヤン at 2009年12月23日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。