2009年11月01日

大林宣彦監督「ふたり」尾道への想い!

トミヤン、友人の影響でだと思うのですが、

大林宣彦監督の映画作品が好きです。

最初は友人宅で観た「廃市という作品」が最初だったと思います。


そしてトミヤン世代には絶対的なアイドル、原田知世さんの初主演作品

時をかける少女が強烈に印象に残っています。


決してトミヤンは少女趣味ではありませんが、

大林監督の感性に共感を感じてしまいました。

どこかノスタルジックで懐かしい、それが尾道「三部作」だったのでしょう。


少女趣味だと疑われてしまいそうですが「はるかノスタルジィー」とか

今回、ご紹介する「ふたりとか独特な映像美が堪能できます。


この映画で広島県の尾道市にすごく興味が湧いてきてしまいました。

それで来年4月に都合をつけて1週間くらい滞在してきたいと思っています。


まあ最近は言うばかりで実行できずにいることが多いトミヤンですが


なんとかして、必ずや行ってきたいと思います!

でもでもトミヤン日本に生まれて来て良かったニャー!


posted by トミヤン at 22:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | トミヤンのシネマ館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。あっ、おはようございます。ですね。

大林宣彦監督の映画といえば、私は「転校生」です。たしか、これも尾道だったと思います。
「時をかける少女は、高校生の時、小説で読みました。原田知世ちゃんの歌う映画の主題歌「時をかける少女」は、音程が外れてるのかどうか、ビミョーでしたね。今思えば、フレンチポップスぽくもあるよーな。。。。

尾道っていいですね。なんか、街全体に品があるっていうか。素敵な街ですね。
大林宣彦監督の映画はロケ地が尾道が多いのですね。

Posted by Cheekyマミー at 2009年11月02日 06:42
こんにちわ?
(イギリスと日本では時間が逆になるんですね・・?)

「転校生」も良かったですね。大林監督の作品が好きな人にとっては
尾道はまさに聖地みたいな場所なんです。
自分はまだ行ったことがありません。
(最近では自分の生息地である静岡県からも滅多に出ません・・笑。)

そうなんです・・原田知世さんってフレンチなんです!!笑。
たしかフランス録音でフレンチ・ポップスな作品も何枚かありましたよ
(やっぱりアイドルは歌が下手じゃなくっちゃ!・・笑。)
Posted by トミヤン at 2009年11月02日 12:00
僕も「転校生」ですね。

もう、随分前ですが、尾道行きました。大林好きの友達と二人で。
良かったですよ。
是非一度行ってみてください。
Posted by おいみず at 2009年11月03日 00:33
おいみずさん尾道に行ったんですか、羨ましいですよ!
映画の場面の場所を訪ねながらゆっくり散策するのも楽しいでしょね。
是非とも行きたいです・・いや!行きます!!笑。
Posted by トミヤン at 2009年11月03日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。