2009年10月29日

リック・ライト 「ウェット・ドリーム」

去年65歳でこの世を去ってしまった

ピンク・フロイドリック・ライト(Richard Wright)

リックなのかリチャードなのかはよく解かりません?

彼の84年の初ソロ・アルバム「ウェット・ドリーム」(Wet Dream)



残念ながら現在は廃盤になっていて中古CDが高値で取引されている状況です。
(トミヤンはしっかり持っていますが。)

しかしピンク・フロイドのメンバーの作品が、なんで再発されないのだろうか・・


内容的にはかなり良い作品だとトミヤンは思っています。

決して気をてらわずマイペース、淡々としたリック・ライトらしい世界が広がります。

彼はあまりキーボード・プレイもテクニカルとはほど遠いし

歌も上手いとは言えないけど、このソロ作品を聴くと

リック・ライトがピンク・フロイドのサウンド面ではギルモアと同様に

キーパーソンだったことが窺える内容になっています。


それではまずオープニング曲「Mediterranean C」です!

ピンク・フロイドでの彼の一見地味ながら貢献度がよくわかるサウンドです。

名手サックスのメル・コリンズやギターでスノーイ・ホワイトがバックを固めています。



これぞ!100%のリック・ライト節!

素朴ながら彼らしいナイーヴなメロディーが印象的な作品

Against the odds



そして最後は、「アニマルズ」以降ロジャー・ウォーターズ体制になった

ピンク・フロイドの中に置いて居場所すらなくなってしまった感のあるライト

ファイナル・カット」ではとうとう名前がなくなっていました。
(ピンク・フロイドをクビにされたという噂もありましたね。)


そんなピンク・フロイドにリック自身が決別を告げた曲です。

Pink's Song



ピンク・フロイド リック・ライト65歳で死去

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
posted by トミヤン at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログレの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131526952

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。