2009年10月23日

ジャン=リュック・ポンティ 「秘なる海」70年代クロスオーバーの大傑作!

ジャン=リュック・ポンティ(Jean=Luc Ponty)はヴァイオリン奏者

ジョン・マクラフリン率いるマハビシュヌ・オーケストラの元メンバーです。



マハビシュヌ・オーケストラの大作「黙示録

ロンドン交響楽団をバックにマクラフリンの高速ギターと

ジャン=リュック・ポンティのヴァイオリンが火花を散らします。


そしてマハビシュヌ・オーケストラ脱退後の77年に発表された

秘なる海」(Enigmatic Ocean)は

クロスオーバー史上に残る大傑作になりました。




バックのメンバーも知る人ぞ知る、凄腕のメンバーばかりです。

ロック・ファンにお馴染みなのはギターに

あの★アラン・ホールズワース、そしてジェネシス・ファンにお馴染みの

ダリル・ステューマー(Daryl Stuermer)ジェネシス、フィル・コリンズ等の

ツアー・メンバーのギタリストさんですね。

ダリル・ステューマーさんのソロもよろしく!・・笑。

内容は本当に70年代そのままにスリリングなインター・プレイの連続!

アラン・ホールズワースとジャンのバトルもすごく楽しめるし、

ラルフ・アームストロング(Bs)ウ〜ン、強そうな名前です!

骨太なベース・ランニングも超カッコイイではないか!

フランク・ザッパのバンドで活躍したZAVODという人のキーボードもエグイ!


全然退屈せずに一気に聴けてしまいますね。

こういった埋もれた70年代の傑作作品って非常に多いですよね

スリリングなジャズ・ロックな演奏が好きな人にはお勧めです。


メンバーは違いますがジャン=リュック・ポンティのバンドで

秘なる海」から「MIRAGE」をどうぞ!

(ピッチ・モジュレーターのツマミを回しながらのキーボード・ソロなんか、
いかにもアナログ時代というか70年代だな〜という感じです。)



ブランドX 超絶技巧 異常集団?

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

posted by トミヤン at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | FUSION /A.O.R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。