2009年10月18日

追悼!加藤和彦 「悲しくてやりきれない」

加藤和彦さんが亡くなりました。

昨日のニュースでご存知の方も多いかと思いますが・・

自殺だそうですね。

加藤和彦さんになにがあったのかわかりませんが、

ご冥福をお祈りいたします。


加藤和彦さんと言えば、トミヤン世代は

まず!おらは〜死んじまっただ〜の「帰って来たヨッパライ」(フォーク・クルセイダース)

に始まり、時代を先取りした新感覚なロック・バンド

サディスティック・ミカ・バンドあたりが想い起こされますが・・
(「タイム・マシンにおねがい」などは、バンドやってた頃よく演奏しました。)

その後のソロ作品などがトミヤンは好きでした。


とくに加藤和彦さんの優しさが満ち溢れた傑作

あの頃,マリーローランサン / 加藤和彦



今もこのアルバムを聴きながらブログ書いてます!

高中正義、高橋幸宏、坂本龍一、矢野顕子などの

旧知の豪華メンバーをバックに

なんと一発録りで録音されたと聞いてビックリ!

サウンドはまろやかでエレガントかつ繊細な詩の世界、

まさに 大人による大人の為のポップス”

成熟したシティ・ポップスのひとつの理想形がここにあります。

(多くの方はこれ以前の「ガーディニア」

に始まるヨーロッパ三部作あたりを支持するんでしょうね。)

でも知らない人たちにはどれも聴いてもらいたいなと思います。

トミヤンの好きな曲が動画になかったので、

フォーク・クルセイダース時代の名曲

今の心境そのまんまの「悲しくてやりきれない」をどうぞ!






にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
タグ:加藤和彦
posted by トミヤン at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(3) | ロック最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TB有難うございます。
本当に未だに信じられません…。
フォークルもミカバンドも本当に「伝説」「幻」になったと思うと、
悲しくてやりきれませんね・・・。
またお邪魔します。
Posted by YONE at 2009年10月18日 15:32
YONEさん、はじめまして。
本当に最近は音楽界の巨星ともいえる方々の訃報が相次ぎますね。

でも彼等の残していった素晴らしい音楽の数々は永遠です。
こちらもまたお邪魔いたします。
Posted by トミヤン at 2009年10月19日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130554469

この記事へのトラックバック

加藤和彦さん
Excerpt: あの加藤和彦さんが亡くなってしまった。 NIKKEI NET(日経ネット)200
Weblog: What's hannu ?
Tracked: 2009-10-18 09:22

うたかたのオペラ/加藤和彦
Excerpt: 加藤和彦さんが亡くなられたそうです。昨日の夕方、ネットのニュースで知りました。
Weblog: コンテナ・ガーデニング
Tracked: 2009-10-18 11:01

追悼 加藤和彦様(その3)〜追悼コメント
Excerpt: パパ・ヘミングウェイ(紙ジャケット仕様) ¥8,000 Amazon.co.jp いつも明るく、やりたいこと、やってみたいことばかりを考えていた方でした。・・・湯川..
Weblog: 21世紀のおせっかいPart2
Tracked: 2009-10-18 15:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。