2009年08月15日

今井裕「A COOL EVENING」

今井裕さんと言っても、70年代の日本の音楽に精通してないと
ご存知ないのかも知れませんが。

あの加藤和彦さん結成したサディスティック・ミカ・バンドが解散して
その残党と言っては失礼・・がそのままサディスティックスとして活動しました。

残党と言っても、今思うとスゴイ、メンバーです。

高中正義(Gt) 後藤次利(Bs) 高橋幸弘(Dr)
そして今回の主役、今井裕(Key)でした。

その今井裕さんが77年に発表したソロ作品が
今回ご紹介する「A COOL EVENING」です。


サディスティック・ミカ・バンドなどで活躍した今井裕が1977年に発表したソロ名義のアルバム。
テクノとは一味違うトロピカルなアイランド系サウンドが特徴的で、
細野晴臣など豪華アーティストが多数参加しています。

これがトミヤンは大のお気に入りで、トミヤン流「夏」の定番なんですね。

トロピカル・アイランド系サウンドの最高峰だと勝手に決め付けています。

脱力感というか、かる〜いノリの微妙なサウンドが、
本当に熱い、熱い夏を心地よ〜くクール・ダウンさせてくれます。

それではその中から、夕暮れ時の浜辺で聴きたい
ぼちぼち」をどうぞ!
ボサノバの巨匠
★アントニオ・カルロス・ジョビン★
にも通じるサウンドです。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
posted by トミヤン at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | FUSION /A.O.R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125730831

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。