2009年07月29日

アラン・パーソンズ・プロジェクト「ステレオトミー」

アラン・パーソンズ・プロジェクトステレオトミー」は85年の作品。


本作は通算10作目。ゲイリー・ブルッカー(元プロコル・ハルム)、
ジョン・マイルズ他、6名のヴォーカリストと100名に及ぶオーケストラを起用。
ヴァリエーションに富んだダイナミックなサウンドが展開。1985年作品。

数々の傑作アルバムを残し、A.P,P流ポップス路線も定着し、
さあ、これからどうしようという方向性を模索していた時期なのか?

ある人は低迷期に入ったと言う、そうなのかもしれない・・

いきなりのシンセの打ち込み、ドラム・マシーンの硬質な音、ハードなサウンド!
ボーカルは個性派のロッカーでもあるジョン・マイルズです。

ステレオトミー」(Stereotmy)
(「ステレオトミー」はエデガー・アラン・ポーの作品「モルグ街の殺人」
のなかで、でてくる言葉で何を意味するのか?)



アルバム全体を通して、ちゃんと聴けば以前の作品同様にアラン節が貫かれていて、
そこはさすがに一定のレヴェルの高さは保っていると思います。

トミヤンもこの頃の作品はうっかりすると忘れてしまうのですが、
ファンですから、内容はどうであれCDは持っています(笑)。

あの〜全然悪くないですから・・この作品もぜひ聴いてもらいたいと思います。
(そんな願いも込めて、今回紹介したしだいです!)

アルバムではプロコル・ハルムのゲイリー・ブルッカーが歌う
淡々とした曲調ながら、感動的なバラード「ライムライト」が印象に残ります。
(ゲイリー・ブルッカーが歌うともうプロコル・ハルムそのものです!)

それでは比較的最近の映像で、
★ボニー・タイラー
が歌うアラン・パーソン・バンドで「ライムライト」をどうぞ!
(ボニー・タイラーさんもこの曲をカバーしています。)



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

アラン・パーソンズ・プロジェクト 怪奇・SF・古代文明
posted by トミヤン at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 80s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。