2009年07月16日

ゲイリー・ムーア ギター兄ちゃん登場!

ゲイリー・ムーア(Gary Moore)は日本ではハード・ロック・ギタリスト
として認識されているのだろうか?

実はトミヤンはゲイリー・ムーアは好きなギタリストなんですけど
彼の経歴については正直あまり詳しくはありません。

トミヤンの周辺の元ギター小僧、(今はギター・オジサン)たちがよく
ゲイリー・ムーアの曲をコピーしていたので、トミヤンもキーボードで
コードを弾いてサポートしていました。

ジョン・ハイズマン(Dr)率いるコロシアムUでのジャズ・ロック風な
テクニカルなギターを弾くゲイリー・ムーアが好きでしたが、

80年代からはハード・ロック・ギタリストとして日本で人気があったような記憶があります。


1987年発表、アイルランド出身のルーツに立ち返った名作アルバム。
まるで漫画「北斗の拳」に出てくるキャラクターのようです(笑)。

それでは、このアルバムに収録されている「クライング・オブ・ザ・シャドウズ」は、
今は亡き本田美奈子さんへ提供した曲で
今回は本田美奈子さんの「愛の十字架」をどうぞ!



そしてトミヤンも買った80年代最後の作品は、かなりハード・ポップ
な内容で、ヒット・チャートも意識したようでした。


ゲイリー・ムーア/アフター・ザ・ウォー
ハード・ロック時代最後の作品となった89年のアルバムをデジタル・リマスター復刻。オジー・オズボーンが参加した「レッド・クローンズ」が話題に。ボーナス・トラック6曲を追加収録しています。

その後ゲイリーは企画作品で軽い気持ちでブルース・アルバムを発表。
それが意外にも予想外のセールスを記録してしまい。

それ以降はブルース・ギタリストに転身?でも骨太なギター・プレイはそのまま、
トミヤンは全然OKです!ギターを泣かせたらサンタナと双璧ですね。

じゃ、最後はハード・ポップ・チェーン「After the war」です!



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
posted by トミヤン at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | ブリティッシュ・ハード・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・
ワタシが子供の時にアニキの影響(1966生まれ・ワタシと9歳差)を受けて聴きまくりました。
Eddie Vavhalen と Gary Moore はワタシのHERO! アイドル!!
小学生の時はガッコでホウキをギター代わりにしてまるで猿のようにマネしまくったのがまるで一昨日のようです(何

なんて言うんスかねえ・・・
一概に "ハードロック・ギタリスト" として片付けたらイケナイっていうか・・・
"泣き"ってより"鳴き"かもしれませんねぇ・・・
「喜怒哀楽」それぞれのフレーズが耳に突き刺さってくるので、"ソウルフル・ギタリスト" とでも申しましょうか・・・
ワタシに「人間は"顔"ではないんだな」という事を最初に諭してくれた人物です(殴

また、大好きな Gary Moore から経由して Thin Lizzy を知る事ができたのも「一粒で百回おいしい」という事でw
Posted by えでぃ at 2010年08月31日 10:06
えでぃさん、どうもです!

"泣き"ってより"鳴き"かもしれませんねぇ・・・

その表現いいですね〜!そんな感じします。

ゲイリー・ムーアの骨太なギター・トーンに哀歓をも帯びた印象的なフレーズを、これまた顔をクシャクシャにしながら弾き倒す姿がカッコイイですね。

そこらへんのテクニカルだけのギタリストとは全然違います!
あ〜来日コンサート行きたかったです!!
Posted by トミヤン at 2010年09月01日 07:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123640568

この記事へのトラックバック

☆ ゲイリー・ムーア
Excerpt:          ?    ジャケット、少々怖いですが・・・           WILD FRONTIER  /  ゲイリー・ムーア   曲はと〜っても良いです! ..
Weblog: ♪ 音楽回顧録 ♪ 
Tracked: 2009-07-17 00:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。