2009年06月18日

Bee Geesってビージーズですよね?

ビージーズBee Gees)と言えば、
70年代中盤、ご存知狂乱のディスコ・ブームの到来の確信犯!

メトロノームみたいな単調なリズムに高音のファルセット・ヴォイス。

ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーヴァー」などなど
凄まじいメガ・ヒットの嵐を飛ばしました。

トミヤン的には興味のないジャンルなのだが、いやおうなしに耳に入ってきました。

それでは一応「ステイン・アライヴ」聴いてみましょうか。



イメージとは怖いもので、ビージーズ=ディスコ=軽薄みたいな図式が
トミヤンのなかで出来上がってしまいました。

そもそもアメリカの西海岸あたりのグループだとばかり思っていて
ブリティッシュだなんて、ぜ〜んぜ〜ん知りませんでしたよ!

それも67年にデビューで歴史も長いんですね。



★ビージーズ1st★

目を閉じて聴くとまるでお上品なビートルズのような(笑)。

素晴らしくビューティフルなアルバム。ポップスの金字塔のような作品。

その他日本でもヒットした「メロディ・フェア」アメリカで大ヒット
傷心の日々」など、ヨーロッパ的哀愁を帯びた美しい曲が多々ありました。

ビージーズさん、ごめんなさ〜い!トミヤン間違っていました!
勉強して出直しま〜すもうやだ〜(悲しい顔)

それではファースト・アルバムから「Holiday」です。


タグ:ビージーズ
posted by トミヤン at 20:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 60s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は、昨晩、トミヤンのさん前の記事「EL&Pのたどり着いた先は「愛の浜辺」だった。」を読んでいて、アルバム「ラヴ・ビーチ」の写真、ほんまにビージーズみたいやなー!!ってゲラゲラ笑ってたとこに、今日、ほんまにビージーズの記事だったのでびっくりしました!!

えっ!?ブリティッシュなんですか?ビージーズって。私はてっきりオーストラリア出身と思ってました。なんとなく、なまりもオージーっぽいし。ホリデイがホリダイになるところとか。。。そういえば、3人のうちだれかがLULUと結婚してたような。。。

やはり、ビージーズと言えば、ガラスを割ってしまいそうな高音と、ディスコ、ナイトフィーヴァー、プラス、ジョン・トラボルタですかねー。(笑)

Posted by cheekyマミー at 2009年06月19日 06:04
こんにちは、
マミーさんのご指摘通り、彼らは両親の都合でオーストラリアに移住したみたいですね。そして67年にデビューの為イギリスに帰国したということです。
(あわてて調べてみました・・・汗!)なまりで解かるなんて、さすがです!

トミヤンはI Can't Dance なのでディスコもヒップ・ホップも縁がありません、というより嫌いです。

ビージーズもジョン・トラボルトもオリヴィア・ニュートン・ジョンなんかとグシャグシャに頭の中でなっていて、よく解かりませんでしたが、

しかし「人に歴史あり」ではないんですが、ビージーズの知らない一面を今回知りました。やはりブリティッシュ道は奥が深く、道程は長いと改めて感じました(笑)。
Posted by トミヤン at 2009年06月19日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121758154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。