2009年06月09日

EL&P Emerson, Lake & Palmer「展覧会の絵」

Emerson, Lake & Palmer展覧会の絵」71年発表。

海賊盤対策とファンへの要望を答えての初のライヴ・アルバムです。



「展覧会の絵」といえばムソグルスキーですよ、あんた!(笑)。

クラッシックなんぞ聴く家庭で育たなかったトミヤンには縁のない音楽です。
(もっぱら聴いていたのはムード歌謡ですよ!)

そしてNHKのヤング・ミュージック・ショーで初めてみた異国の訳の
解からない音楽はピンク・フロイドと同様にトミヤンにとって強烈な印象
を脳裏に叩き込みました。

そう言えば最近EL&Pはとんとご無沙汰なんですが、思い返せば
未知なるブリティッシュ・ロックの世界に誘ってくれたのも彼らあってのことです。

今や電気製品と化したシンセサイザーも当時は配線がむき出しで、
イカツイ感じのいかにもマシーンという感じで、ドキドキしました(笑)。

昔は美青年という感じのグレック・レイクも今じゃ中年太りのオッサンですよ。
(そのへんはトミヤンと共通ですが・・・笑。)

本当に久しぶりなんですが聴いてみますか。

それでは「展覧会の絵」から「キエフの大門」ですか、
グレック・レイクの熱唱で一気に登りつめる展開が感動的です!



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

EL&Pのたどり着いたのは「愛の浜辺」だった!
タグ:EL&P
posted by トミヤン at 20:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | プログレの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ちょっと前に、こちらのフリーヴューチャンネルのBBC4でプロッグロック特集をやってて、EL&Pも出てました。当時のオフステージの映像なんかも観れてよかったのですが、グレック・レイク、どのシーンでもいつも何か食べてるんです。バーガーとか、、、で、最近の彼を見て、あ〜〜、やっぱりね〜。っと、納得してしまいました。(笑)
Posted by cheekyマミー at 2009年06月10日 05:41
こんにちは、
あ〜やっぱり太る人はそれだけ食べているんですよね・・反省!(笑)
EL&Pはかなり前、横浜でコンサート観ましたが、その時にはグレックさんは太っていました。ジョン・ウェットンもかなり太りましたし・・。
やはり憧れの人たちには、いつまでも若々しくいてもらいたいもです。
Posted by トミヤン at 2009年06月10日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121159666

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。