2009年05月29日

和製ジェネシス?「新月」登場!

新月」という日本のバンドをご存知でしょうか?

70年代も終わろうとしていた79年だったと思う。

音楽雑誌を観ていたトミヤンは、新着記事の片隅の小さなレヴューに

「新月」の名前を見つけた。和製ジェネシスのキャッチ・コピー

ジェネシスが大好きなトミヤンとしては、ほっとくわけにはいかない

早速レコードを買い求めました。そして1曲目の「」は衝撃でした。

日本にもこんなプログレ・バンドがあったんだー!

新月
新月

たしかに、ヴォーカルの北山氏のコスチュームなどはピーガヴ様の影響も感じられますが、
和製ジェネシスの一言ではかたずけられない感性があります。

アマゾンのレヴューを見ると、だいぶ熱いレヴューがありますので参考にしてください
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E6%9C%88/dp/B00005IDR4/ref=sr_1_3?ie=UTF8&s=music&qid=1243544123&sr=1-3

「新月」はたった1枚の作品で活動を停止します。
(プログレはこの時代、商業的には厳しいですからね、仕方ないのか)

しかし最近ボックス・セットが発売されたり、06年に再結成ライヴが行われたり
意外にもファンの人たちが大勢いることに気ずかされました。
(作品が1枚しかないのに、ボックスが出るなんて凄いです!)

トミヤンは去年オークションで「新月 全史」ボックスを7千円で買いました。

昔、買ったレコードは行方不明です。
(今もっていたら、お宝レコードで高く売れたかも?)

しかし「鬼」とは一体何なのか?観てはいけないものを観てしまった
恐れや震え、鬼とは何だろう、作者の花本氏も解からないと語っていました。

「新月」の曲はプログレの手法ながら極めて日本的
日本人ならではの感性で作られています。
(どこか四畳半フォーク的な感性も見受けられます。)

それでは「」をぜひ聴いてください!



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ

posted by トミヤン at 06:31 | Comment(10) | TrackBack(0) | ブリティッシュ以外のロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ、これは!!凄い!「新月」知りませんでした。確かに、ギターの感じなど、スティーヴ・ハケットに似ていて、ジェネシスっぽいのだけどそれだけでは決してないですね。さっそく、夏休み里帰りお買いものリストに書き加えときます!!
Posted by cheekyマミー at 2009年05月29日 07:35
コメントありがとうございます。
「新月」のことは、長い間、記憶の片隅に置き去りにして忘れていました。
でも他のブログで記事にしているのを拝見して、少数ではありますがファンの方がいまだに支持しているんだなーと思い、最近また思い起こすようにCDを聴いています。
CDも再発されても、元々枚数が少ないのでしょうか品切れになってしまいます。(誰かが買い占めているのか?そんなことはないか・・笑)
日本のプログレでは「KENSO」も良いと思っています。
Posted by トミヤン at 2009年05月29日 16:53
公式サイトhttp://shingetsu.tv/index2.htmとか

ファンサイトhttp://yutanpoha22.web.infoseek.co.jp/もどうぞ
Posted by noshiume at 2009年06月03日 10:39
ご報告。
やっとありました。「新月」。HMVのメールオーダーに!!
さっそくオーダーして、日本の実家に送るようにしました!!
「新月」紹介していただいてありがとうございました。
これで日本に帰る楽しみがまた一つ増えました!!
Posted by cheekyマミー at 2009年06月03日 20:08
noshiumeさん、
新月の公式サイト観ました。メロトロンの写真がプログレ好きにはたまりませんでした(笑)。
「新月」のみなさんもお元気なんですね!トミヤンも負けずに頑張ります!
Posted by トミヤン at 2009年06月04日 22:41
マミーさん、さすが行動が素早いですね!
「新月」を知っている人がまたお一人増えて素直に嬉しいです(笑)。

「新月」のヴォーカル北山真さんは何故かラーメン通みたいです!
    ↓     ↓      ↓
   http://ra.shingetsu.tv/?pid=3561
Posted by トミヤン at 2009年06月04日 22:50
トミヤンさん、はじめまして。
新月のファンサイトを運営している者です。リンクを辿って、昨日こちらにお伺いさせていただいたのですが、新月の事がこんなにたくさん書かれたブログを読ませていただき、とても嬉しいです。

お伺いした際、紹介されていたアマゾンのレビューも、さっそく掲示板からリンクを張らせていただきました。その上こちらでnoshiumeさんにお会いするとは思いませんでした(笑)。

トミヤンさんも、79年に、リアルタイムでオリジナルアルバムを聴かれているんですね。今年7月で新月30周年を迎えますが、オリジナルアルバムを聴いた時の衝撃は、つい昨日の事のように思います。

ではでは、ごあいさつだけのつもりが、長々とすみません。ありがとうございます。
Posted by ころんた at 2009年06月25日 07:22
ころんた様。

はじめまして、お越しいただきありがとう御座います。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

もう30年ですか、お互い歳取る訳ですね(笑)。
でも青春時代に聴いた「新月」のことは、いつまでも忘れません。

ぜひぜひ「新月」のファンとして盛り上げて行きましょう!
Posted by トミヤン at 2009年06月26日 17:58
はじめまして。こんばんは。
ブログセンターで、何気なく「新月 花本」で検索してみましたら、こちらのブログ一件のみが表示され、小躍りしながらやってまいりました。
新月が大好きなので、ブログなどで紹介されていると嬉しくなってしまいます。(しかも記事が最近!!)
06年のライヴからもう3年も経ってしまったのか…と思うと淋しいです。

他の記事も気になるので、また参ります。
乱文失礼致しました。
Posted by AT at 2009年07月13日 00:12
はじめまして、コメントありがとうございます。
またお一人「新月」ファンの方に出会えて素直に嬉しいです。

当時も今もトミヤンのまわりには「新月」のことを知っている人はいません。
だから隠れキリシタンみたいの密かに聴いて楽しんでいました。(笑)
やはり少数ながら根強いファンの方々がいらっしゃるんですね。
これからも、よろしくお願いしま〜す!
Posted by トミヤン at 2009年07月13日 13:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120287572

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。