2009年04月04日

XTC 80年代のビートルズ?

XTCは77年10月にデビューしたイギリスのバンド。

デビュー当初は、当時勢いのあったパンクやニュー・ウェイヴの中で
語られることが多かったですが、

アルバムを重ねるごとにビートルズビーチボーイズ等に
影響された、ポップでいて非常に進化した音楽を聴かせるようになりました。

特に中期の傑作として80年の「ブラック・シー」が挙げられます。


やんちゃさとオトナが見事に合致、スリルと勢いとウィットに満ち
英国人ならではのポップ表現の、ひとつの到達点。

Generals and Majors」をどうぞ!



そしてXTCのターニング・ポイントとなった作品「スカイラーキング

XTC同様ビートルズ好きの
トッド・ラングレン
がプロデュース。

しかし、XTCのアンディ・パートリッジはこの作品を気に入ってないようです。

こだわりの才人同士だから対立することが多かったんでしょうね。

だけど作品は好評で、それなり売れてファンからの人気も高いです。

中期ビートルズのエッセンスが満載です。

Earn Enough For Us」を聴いてください!



70年代の10cc、そして80年代のXTC、90年代は?


★XTC関連をもっと観る★


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
人気ブログランキングへ
タグ:XTC
posted by トミヤン at 21:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 80s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
90年代は、オアシスかブラーかな
Posted by 名無し at 2013年02月15日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。