2009年02月17日

ボンゾ・ドッグ・バンド ビートルズに愛された謎のバンド

ボンゾ・ドッグ・バンド(Bonzo Dog Band)は65年イギリスで結成された、
どちらかというとコミック系なバンドです。

あのビートルズのTV「マジカル・ミステリー・ツアー」に出演しデビューします。

最初はボンゾ・ドッグ・ダ・ダ・バンドという名義でした。
BONZO DOG DOO DAH BAND / ゴリラ

67年作品。
モンティ・パイソン的な英国のユーモアと当時の音楽シーンのカオス状態を象徴する
なんでもありの実験性も兼ね備えたぶっ飛んだ音楽性に唖然!

ボンゾ・ドッグ・バンド/ おばあちゃんの温室

68年作品。
ボンゾの中心人物、二ール・イネスのポップな曲が増えバンドらしくなりました。
しかし前作の前衛性もさらに突き抜けて、まさにフランク・ザッパを思わせる一面も・・。

タッドポールズ

子供向けテレビ番組で演奏した人気曲を集めたアルバム。
究極の脱力系ソングで幕をあけ、全体的にほのぼのとした雰囲気があります。
トミヤンも初心者ですが、ここから入るのが無難かも?

ケインシャム

69年作品。
ロンドンにあるダサイ町?、ケインシャムを舞台にしたコンセプト・アルバムです。
一筋縄ではいかない彼らですが、音楽とコント風なスケッチ、会話など
なにを伝えたかったのか、さっぱりわからない(笑)
しかし何度も聴きたくなる不思議な魅力が満載!
前衛的ですけど、ちゃんと楽しいところがボンゾの凄いところですね。

出発点がビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」だったことから

ビートルズとは縁が深く、ボンゾの代表曲「おいらは町の宇宙飛行士」は
ポール・マッカートニーがプロデュースしています。

メンバーのラリースミス(通称レッグス)はジョージ・ハリスンの大親友。
「ジョージ・ハリスン帝国」の「主人公レッグス」という曲は彼の事を歌ったものです。

後に二ール・イネスはビートルズのパロディー・バンド「ラトルズ」をやることに・・
ポールの実弟のマイク・マクギアとの共演も多かったと言いますから
ビートルズとは縁が深かったというかビートルズ公認ですね。

それではマジカルのなかのシーンで「Death Cab For Cutie」をどうぞ!
加藤茶ちょっとだけよーみたいなストリップが面白いです。)



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

ビートルズのメンバーを支えた後継者たち

ビートルズごっこしちゃいました





posted by トミヤン at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 60s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114369632

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。