2008年12月22日

ケイト・ブッシュ 英国の天才歌姫その2

ケイト・ブッシュは前作より4年振りに89年「センシュアル・ワールド」を
発表しました。


本当に待ち焦がれた作品でした。
以前ピーター・ガブリエルの「So」での共演の影響か民族音楽を取り入れています。
積極的にケルト音楽を前面に出し、実際に現地のミュージシャンを招いています。

取りあえず表題曲「センシュアル・ワールド」をどうぞ!



しかし当時のトミヤンの感想としては少々物足りなかった。
どうしても、彼女には先鋭的な刺激を求めてしまうのだろうか?
地味な印象が拭いきれなくて、あまり聴かずじまいでした。

でも人の感性は日々変わるもの、今では初期の頃の尖った感性が
聴くと辛く感じてしまうのは、単に歳をとったせいだろうか。
全体的なマイルドさが今となっては非常に心地良いのです。

以前の金切り声がなくなったせいだろうか?
ようやくアメリカでもゴールド・ディスクを獲得しました。

そしてまた、待つこと4年「レッド・シューズ」を発表します。


93年作品。
アンデルセンの童話をモチーフにしたコンセプト・アルバム。
ゲストにエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、そしてプリンス
超豪華メンバーが参加しています。

(トミヤンただいま、アマゾンで中古CDを1円で買って聴いています。・・笑)

それではクラプトンのギターが聴ける「And So Is Love」をどうぞ!
http://jp.youtube.com/watch?v=mHFgWJCIZZw

しかし、この作品から全く音沙汰なしになってしまいます。
(まあケイトさんも精神を病んだり、出産などいろいろあったらしいです。)

そしてなんと、約12年振り2005年に「エアリアル」を発表します。

2枚組の大作です。

なにかの雑誌で、この作品を評してケイト・ブッシュは終わったなどと
書かれていました。

たしかにエキセントリックな刺激などは微塵もないかもしれません。
ただ選ばれた人だけが到達できるような孤高の位置。
ある種とっても穏やかであたたかい世界があるような気がします。
(女性の家事を歌った曲などは、ただ洗濯機、洗濯機と連呼してるだけ
それでも何故か泣けてくるのは、なんなんでしょうかねー。)

この作品を理解できるまで、まだまだ時間が必要なようです。
(はあー、今週はケイト・ブッシュよく聴いたなー・・笑)

それでは最後はウクレレを弾くケイト・ブッシュで「Rocket Man」です。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
よろしければポチッとお願いします




この記事へのコメント
ケイト・ブッシュの90年代以降ってさらっと聴いたことがあるかも・・・?ぐらいです。

アマゾンで1円なんですか〜送料も1円だったらいいのに・・・
Posted by reds20061222 at 2008年12月22日 16:56
トミヤンはCDもかなり買いますが、

またすぐにネットで売ってしまいます。(笑)
買ったときよりも高く売れることも、多々ありますので、
軍資金は、またすぐに確保できます。
(ある意味非常なエコなミュージック・ライフです。)
Posted by トミヤン at 2008年12月23日 08:38
こんばんは(*^^*)
ブログにお越しいただき、ありがとうございました!
私は70年代後半のケイト・ブッシュしか知らなかったので、
後年の音楽をここで聴かせていただき、感慨深かったです。
年齢とともに、声質も変わっていくものなんですね。
また、彼女の人生も、いろいろあったようですね。
ご訪問いただき、嬉しかったです。
私もまた遊びにきますね(*^-^*)/
Posted by 石ころ at 2009年08月29日 00:12
こちらこそ、ありがとうございました。

とても面白そうなブログでしたので、ぜひリンクさせていただきますが
ご了解ください。
音楽も・・そしてパチも辞められないトミヤンですが、
ぜひ、よろしくお願いいたします。

ところでコンコルドはご存知ででしょうか?
   ↓     ↓
http://british-adult.seesaa.net/article/120201268.html
Posted by トミヤン at 2009年08月29日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。