2008年12月18日

眠りの精/Willam Lyall そしてパイロットが復活?

ウィリアム・ライオール(Willam Lyall)は70年代イギリスで活躍した
ブリティッシュ・ポップ・ロック・バンド「パイロット」の元メンバー

しかし彼は89年12月26日、エイズの為36歳の若さで亡くなりました。
(クリスマスの翌日に亡くなるなんて、なんかライオールだなーという気がします。)

今、彼の残した唯一のソロ・アルバム「ソロ・キャスティング」の中の曲、
眠りの精」を聴きながら少しセンチな気分に浸っています。

76年作品でバックにはフィル・コリンズ(Dr)、ロバート・アーワイ(Gt)、
フィル・チェイン(Bs)
などそうそうたる顔ぶれが参加。
(このメンツだとまるで、ブリティッシュ・ジャズ・ロックの世界ですが・・)

ご安心あれ、極めて繊細で良質なブリティッシュ・ポップな世界です。
Willam.JPG
2曲目の「夢みる二人」などは凄くポップで
このメロディーは本当はパイロットで演奏したかっただろうなー、と思わせます。

眠りの精」は品のあるインスト曲でライオールの編曲能力の高さがわかります。

彼はブレイク前のベイ・シティ・ローラーズを脱退。
同じ道をたどったデヴィッド・ペイトンと意気投合しパイロットを結成しました。

デヴィッドがその時の出会いを「Library Door」というパイロットの曲で歌っています。

パイロットは順調にヒット曲を飛ばしますが、
ライオールはアイドルという立場に相当悩んでいたようです。

そしてシングルで発売されるのはデヴィッドの曲ばかり、
プロデューサーでもあるアラン・パーソンにも疑心暗鬼になりはじめたと言います。

結局メンバーの説得もままならず、僅か1年ちょっとで
パイロットを脱退してしまいました。

このソロ・アルバムの7曲目の「マニアック」という曲に対して
デヴィッドはパイロットの「モーリン・ハイツ」というアルバム
(残念ながら廃盤状態、トミヤンは手に入れました・・笑)
で「マニアック・カム・バック」という曲でライオールに
戻っておいでと投げかけています。

一方ライオールも7曲目「愚かなビリー」で、
デヴィッドに対して、自分が間違っていたことを、歌っています。
(パイロット時代はビリー・ライオールだった。)

いろいろと確執はありましたが二人は固い友情で結ばれていたのでした。

80年代後半、デヴィッドはパイロットを再結成しようとしましたが、
その甲斐もなくライオールは旅立ちました。

このライオール唯一の作品も当時は酷評されたみたいですが、
トミヤンにとってはワン・オンリーな作品に違いないです。

久々にマニアックな話題になりましたが、
一体どのくらいの人が彼のことを理解していてくれるのか皆無です。

トミヤンも去年のパイロットのコンサート会場で
この作品を買ったしだいです。

ラストの「眠りの精」を聴いていると、
彼の短い生涯を想い、心が打たれます。

それでトミヤン、ウカツだったのがこれです。
マジカル・ハット

いかにも、というジャケットですが、
往年のブルティッシュ・ポップ・ロックが再現されているそうです。
リード・ヴォーカルはパイロットの顔デヴィッド・ペイトンです。
(トミヤンもまだ聴いていません。早速手にいれます・・笑)

それでは最後に、この「ソロ・キャスティング」の5曲目までの
ダイジェストでどうぞ!
(レコードからの録音か雑音が入ります、しかしこの動画まだ再生が
300回たらず、悲しくなります。)


愛すべきブリティッシュ・ポップ・バンド、パイロット

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
よろしければポチッとお願いします



posted by トミヤン at 09:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 70s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですか…。「愚かなビリー」の対訳、意味が知りたかったんですが、彼もDAVIDにそう言っていたんですね…。よかった〜、仲直り出来ていたんですね、直接ではなく詩で返しているのは、いかにも彼ららしくて(ミュージシャンですもんね)なんか又、切なくなってきてしまいました!!
Posted by 飛翔 at 2009年01月05日 14:08
飛翔さん。
コメントありがとうございます。

そうなんですよね、DAVIDは本当に彼のことを気にかけていたみたいです。

「新たなる離陸」の再録盤「ブルー・ヨンダー」の中にも、ライヴ音源ですが
ライオールの曲を入れてあります。
CDのライナーにもDAVIDは彼のお墓に花をたむけに頻繁に行っているようです
なんてことが書いてありました。

もしも・・は禁物ですが80年オリジナル・メンバーで再結成されていたらと
考えると悔やまれます・・。
Posted by トミヤン at 2009年01月06日 04:48
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
wsSwqCv9
Posted by hikaku at 2009年06月11日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111344502

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。