2008年12月09日

プロコル・ハルム 「青い影」大英帝国の陰影

プロコル・ハルム(Procol Harum)は67年の大ヒット「青い影」で
知られる英国きってのブリティッシュ・ロック・バンドです。


超有名なジャケット!

エ、知らない?(笑)
青い影」とか聴いたこともないという方は下をクリックしてください。
http://jp.youtube.com/watch?v=PbWULu5_nXI

聴いたことありますよね。
イギリス・ヒット・チャートで6週間連続の1位に輝き
約40万枚売り上げました。

オルガンのイントロはバッハのカンカータ140番目ざめよと呼ぶ声あり」を
モチーフにしたとされ、あちらこちらでこの曲は使われています。

しかし、こと日本においてはこの曲のイメージだけが先行してしまい
肝心のプロコル・ハルムのことについては、知らない人が多い。

67年という時代にR&Bとクラッシックを融合させた音作りは
プログレッシヴ・ロックの先駆けだったという評価もあり、
ますますリスナーを混乱させたのかも知れません。

正直トミヤンもプロコル・ハルムは聴いてなかった。
イメージがどうしても玄人好み、世代的にもトミヤンより少し上の世代
の人たちが聴いていたようだ。(少数ですけど・・)

あのユーミン(松任谷由美)も「青い影」に感化され曲作りに目覚めたという。

渋いイメージはゲイリー・ブルッカーの枯れた味わいの声と、
マシュー・フイシャーのオルガンのトーンによるものだと思う。

アメリカのザ・バンドとも共通点が多くイメージがダブりますね。

またプロコル・ハルムにはキース・リードという詩人もメンバーにいて
少し難解な詩を書いています。
後にデビューするキング・クリムゾンにもピート・シンフィールドという
詩人がメンバーにいましたので、その辺も先駆者ですね。

グランド・ホテル/プロコル・ハルム[CD]

73年作品。
最高傑作という評価がされた代表作です。
英国独特の陰影があり、クラシカルなアプローチは頂点を迎えています。
没落する英国の落日の姿を表したサウンドは退廃的で、
イーグルスの「ホテル・カルフォニア」に通じるものがあります。


69年の「ソルティー・ドッグ
少しアメリカナイズされ明るめな雰囲気です。
ザ・バンドあたりが好きな人にはお勧めです。

異国の鳥と果物(幻想)

74年作品。
前作の大作志向から一転シンプルなバンド・サウンドに
シンプルで力強いロック・アルバムになっています。

現実にはありえない不思議な南国風のジャケットが美しく
レコード時代にトミヤンはジャケットに惹かれてこの作品だけは
買っていました。(笑)

とにかくトミヤンも10代の頃はプロコル・ハルムの魅力はわかりませんでしたが、
やっと中年になり、なんとなく理解出来るようになってきました。

あ、そうそう忘れがちですがプロコル・ハルムにはロビン・トロワーというバリバリの
ロック・ギタリストもいたんですよね!

プロコル・ハルムは77年に解散しますが、
1990年ドラマーのB.Jウィルソンが死去し、その哀悼の意味を込め
91年に再結成されています。
が・・現在「青い影」の著作権を巡ってゲイリーとマシューが争っています。
(やっぱお金は大事ですねー・・笑)

エピソードとして、あのジョン・レノンが67年当時、
「今の音楽業界でこの曲以外は聴く価値がない」とまで「青い影」の
ことを評して人生でベスト3に入る曲とまで言っていたとか

それではプロコル・ハルムで「ソルティー・ドッグ」をどうぞ!
(実はトミヤンもまだ初心者なんで、どの曲がいいのか見当がつきません。)

でもこの曲もほど良く渋く枯れた味わいがあります。
ドラムのプレイも独特ですねー。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ




posted by トミヤン at 07:07 | Comment(4) | TrackBack(1) | 70s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
トラックバック、ありがとうございました。
本当に、プロコル・ハルムは『青い影』が有名過ぎて、
特に日本では他の曲は知られてなかったりしますよね。

またお邪魔させていただきます。
これからも、どうぞよろしくお願いします!
Posted by aquamulsa at 2008年12月10日 12:52
はじめまして、
お越しいただきまして有難う御座います。

ブログを拝見しまして
自分よりお若いのに、いろいろとご存知だなーと
感心いたしました。(笑)

音楽をとうしていろいろ共感できる部分もあるかと
思いますので、こちらこそよろしくお願いいたします。
Posted by トミヤン at 2008年12月10日 20:41
こんばんは。
プロコムハルムは初期しか聴いていないです。
それよりも、前身バンドのパラマウンツのほうが好きです。これは近々ブログで取り上げようと思っています。

プロコムハルムは近所のレンタル屋さんには最初のアルバムしか置いてないんですよね〜。
Posted by reds20061222 at 2008年12月11日 22:08
おはようございます。

エッ!プロコムハルムの前身バンドがあったんですね。
全然知りませんでしたよ。

さすがレッズさん、その辺は詳しいですね、
楽しみにしています。
Posted by トミヤン at 2008年12月12日 07:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110934057

この記事へのトラックバック

プロコル・ハルム
Excerpt:                          「ソルティ・ドッグ」                          「グランド・ホテル」 個人的にプロコル・ハルムのア..
Weblog: スワンの涙
Tracked: 2008-12-11 01:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。