2008年11月14日

「迷盤と旅」3 無人駅に郷愁を感じる!

トミヤンのブリティッシュな日常その9

トミヤンの休日は平日に一日設けてあります。
ですのでその日だけは一人きりで自由に過ごすようにしています。
自分だけふらついているのは気分いいです。(笑)

天気も久々に良いんで、行ってみましょうか?迷盤を持って!

今回の迷盤はキング・クリムゾンの「リザード」です。
(早い話、レコードはクリムゾンぐらいしか持っていないんですもうやだ〜(悲しい顔)

IMG_0391.JPG
IMG_0392.JPG
70年作のサード・アルバム。
A面は従来のクリムゾンのサウンドで静と動のコントラストが
絶妙な味をだしている。メロトロンの使用も板についていて上手い。
ゴードン・ハスケル(Bs、Vo)は評価が低いがトミヤンは好きです。
(ゴードンさんのソロ作品も何枚か持っています・・笑)

B面は表題曲の組曲でイエスのジョン・アンダーソンがヴォーカルでゲスト参加。
キース・ティペット・グループの全面参加でジャズ色も強いが
ボレロの淡々とした演奏は次作「アイランズ」に繋がっていきます。

クリムゾンの作品の中では意外と評価の低い、後期クリムゾンに行くまでの
橋渡し的のいわゆるツナギのような位置ずけされているのが悲しい。

そんな「リザード」を持って行ってきたのは静岡県榛原郡川根町地名という場所です。

トミヤンの住んでいるところから、ひとつ山を越えた大井川の中流に位置します。
車1台やっと走れる狭い山道を行き、峠を越して行くのですが
その模様はトミヤンの記事「峠越え」でどうぞ。

車で2時間弱走り、ようやく川根町の地名という場所に到着。
ローカル線大井川鉄道の地名駅の標識が目にとまりました。
IMG_0393.JPG

よし、行ってみよう!
IMG_0395.JPG
地名駅正面。

IMG_0396.JPG
どうやら切符とかは駅の前のこの商店らしき所で買うらしい。
基本的には無人駅ということか

IMG_0406.JPG
駅の中へはいってホームへ向かいます。

IMG_0401.JPG
ホームにいくと猫がポツンといました。
まさか電車を待っている訳はないだろうな(笑)

IMG_0403.JPG
ちょっとアップで撮影。

IMG_0419.JPG
なになに日本1短いトンネル?

あれがそうか。
IMG_0409.JPG
近ずいてみます、なにやら遺跡のようにも見えます。
IMG_0411.JPG
真横から、確かに短い!
IMG_0414.JPG
IMG_0415.JPG
IMG_0417.JPG
やっぱ田舎ですね、ほのぼのします。

ホームへもどって、さっきの猫がいるうちに
お決まりの記念撮影を先に済ませよう(笑)
IMG_0418.JPG
猫くん協力を感謝します。
IMG_0399.JPG

IMG_0421.JPG
地名駅をあとにして、せっかくなので次の駅も行ってみよう。
大井川沿いをさらに進みます。
IMG_0426.JPG
着いたのは塩郷駅というところ、
でも周りはなんにもありません。

IMG_0429.JPG
IMG_0430.JPG
ホームのまん前は大井川です。

IMG_0431.JPG
電車もなかなか来ません。
めんどくさいので説明をはぶきますが、また次も無人駅です。
IMG_0433.JPG
IMG_0435.JPG

もう疲れたので、川根温泉に入って帰ります(笑)
IMG_0436.JPG

大井川鉄道沿線の駅はほとんどが無人駅なので、
その手の愛好家にはたまらない鉄道だと思います。
たぶん、ここだけで無人駅の本が一冊書けますよ。

本日の1曲です。

リザードからボレロです。
眠くなるかもしれませんが、それも良いでしょう(笑)




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

キング・クリムゾンを持って「宇津ノ谷峠」に行く。

「迷盤と旅」その1
【ブリティッシュ・ロック「迷盤と旅」の最新記事】
posted by トミヤン at 07:15 | Comment(4) | ブリティッシュ・ロック「迷盤と旅」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた素晴らしい場所に行かれましたね〜。

日本一短いトンネル?素晴らしいですね。
ここ、今度行ってみます。大井川鉄道は以前から乗ってみたいと思っていました。

そういえば、日本一短いトンネルって吾妻線にあったような気がします。
Posted by reds20061222 at 2008年11月15日 11:54
こんにちは、redsさん。

大井川鉄道はSLも走っていますが、普通の電車に乗っても
十分にひなびた旅情を味わえると思います。

今たぶん大井川上流の方は紅葉が素晴らしいじゃないかな。

自分も来週あたり、上流の寸又峡と接阻峡に行きたいなと思っています。
そこまで行くとかなりの秘境感が味えます。

ぜひ本家本元の「名盤と旅」を楽しみにしています。
Posted by トミヤン at 2008年11月15日 13:34
プログレと鉄道を愛する通りすがりの者です。
クリムゾンと大井川鉄道そして猫のコラボ素晴らしかったです。

久しぶりに写真を見て心から感銘を受けました。
Posted by カンカン at 2010年01月31日 13:55
カンカンさん、はじめまして!
お越しいただいてありがとうございます。

私も鉄道に関しては知識はありませんが、ローカル線のさびれ感が好きです。なんとな〜く和むんですよね、

これからも機会をつくって、プログレを聴きながらどこかのローカル線のある場所に出かけようと思っています。
またよろしくお願いしますね>
Posted by トミヤン at 2010年01月31日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。