2008年10月16日

まだ髪の毛があった頃のピーター・ガブリエルとスティングが肩組んで歌ってました。

ピーター・ガブリエルスティング
どちらもブリティッシュ・ロックの大物グループ

ジェネシスポリスのリーダーだった人ですよね。

まずは若かりし時の二人が一緒に歌っている動画を良かったらどうぞ
(ピーターは途中からでてきますよ)
http://jp.youtube.com/watch?v=H1jslyzgXOk

トミヤンはピーター・ガブリエルはジェネシス時代からのファンです。

ですので、まだジェネシス時代の香りが残るファーストが好きです。
Peter Gabriel『Peter Gabriel 1』

77年作品
キング・クリムゾンのロバート・フリップなどが参加しているが
まだ方向性は定まっておらず、いい意味でプログレを引きずっている。
2曲目「ソールズベリー・ヒル」はヒットしライヴでの定番曲。
ラストの「洪水」は身震いするほどの名曲。
ロバート・フリップも自身のソロ・アルバムでもピアノの弾き語りバージョンで収録。
Peter Gabriel『So』

86年作品
80年代を代表する屈指の大ヒット・アルバム。
スレッジ・ハンマー」やケイト・ブッシュとのデュエット
ドント・ギヴ・アップ」などがシングル・ヒットした。

トミヤンはちょっとこの作品は好みには合わないのだけど、
紹介しない訳にはいかない重要な作品ですものね。
(トミヤンはメジャーな作品にはどうも反発してしまう悪い癖があるようです・・笑)

スティングはいまさら説明の必要ないロック界のスーパー・スター

ポリスで大ブレイクして、その後ソロ活動へ

ポリスのデビュー・アルバムで「ロクサーヌ」を含む。
その他に「見つめていたい」などが有名ヒット曲がある。

知っていると思いますが久々に聴いてみます?
ミディアム・テンポの淡々としたいい曲です。
The Police『Every Breath You Take』

StingSting『Nothing Like The Sun』

87年作品
最高傑作との声も多い。
ジャズ・ロック・ブルース等ジャンルに囚われない
新たな境地に到達したスティングが聴ける。
エリック・クラプトン、マーク・ノップラーなど一流ギタリストが参加。

最後にピーターとスティングの共演のライヴ映像をどうぞ
スティングのバンドにピーターと子分のデヴィッド・ローズ(Gt)が乱入?
(ピ−ターの髪型が非常に変です・・笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=n55ognuTbzI




posted by トミヤン at 08:30 | Comment(0) | 80s・ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。